私のこと

私のこと

過去の愚かな自分と向き合う

最近、6〜8年前に書いたブログの記事を書き直しています。 年月を経たことで自分を客観視できるようになったからでしょうか。気付いちゃうんですよね、自分の愚かさに。 「読みづらい」「ムダが多い」「話がくどい」etc.. もう...
私のこと

私が抱えている問題を告白します

今回は自分の性質についてのお話しです。 書いた目的は以下の通り。 同じ問題を抱える人がいるか知りたい問題を解決する情報を集めたい性質を知っていただくことで問題を減らしたい ちなみに問題を抱えながらも日々結構楽しく生きてま...
私のこと

『捨てない人』だった祖父の澄んだ空気の記憶

記憶にある祖父は、いつも穏やかでユーモアのある人でした。 周りがバタバタ慌てていても、淡々と落ち着いて物事をこなし。誰かがプリプリと怒っても、冗談を言いながら明るくいなし。 そんな祖父は『捨てない人』でもありました。 祖...
私のこと

「欲しかったのは、これじゃない」

今から30年ほど前、私が中学生のときのこと。 自分の、物に対する価値観に気付くきっかけになったエピソードがあります。 欲しかった家電 まだインターネットが一般家庭に浸透してなかった頃。欲しい物を見つけるのは、友達間での口...
私のこと

お金がないことはワクワクのタネだった

私が二十歳のときは自由に使えるお金がほとんどなくて。 それでもオシャレしたくて工夫していました。 手芸屋さんでセールになってた200円くらいの布を買ってきてブラウスを作ったり。母が若い頃に着てたワンピースをアレンジしてみたり。...
私のこと

大切なものを手放すとき

とうとう白の魔法使いの衣装を手放します。 使わないけど大切だった 最後にステージで使ったのが確か2年前。数々の物を手放していく中で、使わないのに残すという貴重な存在でした。 結構場所を取りますし、掃除の時は除けな...
私のこと

自分の名前が嫌いだった

子どもの頃、人と違うのは不安なことでした。 私の本名は、絵里沙と書きます。父が名付けてくれました。私の世代には珍しかった名前です。 おさるのかごやの呪い 幼稚園の頃、同年代のお友達はだいたい名前の最後に『こ』がつ...
私のこと

私が「嫌われる勇気」を持てたワケ

昔の私は「みんな仲良く」「博愛精神」「友達100人できるかな」を地で行くような人間でした。無意識に、みんなに好かれないといけないと思っていたんです。 そんな私の十年ほど前の出来事をお話しします。 自分を見失っていた みん...
私のこと

愛着の強い私がモノを手放せるようになった理由

今でこそ少ない物で暮らしていますが、元々は物への愛着が強くて手放せない性質でした。 どうして手放せるのようになったのか、過去をたどりながらお話したいと思います。 子どもの頃のエピソード 小学2年生くらいのことだったと思い...
私のこと

なぜ40代から終活するのか

こんにちは。猫好きなのに猫アレルギーのエリサです。 さて、40代で終活をしているというと「まだ若いのに」という反応をされることがあります。ですが私は声を大にして言いたい。「終活に"若すぎる"ということはない!」と。 仕...
私のこと

ミニマリスト、終活始めました

終活を始めた理由 「40代で終活をするなんて早い」と思う方もいらっしゃるでしょうか。 私は自然な流れで終活に興味を持ちました。 ミニマリストとして発信する中で、身辺整理についての情報に多く触れたこと。「体力には自信があり...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました