母の味を孫に作る

スポンサーリンク
私のこと
この記事は約1分で読めます。

こんにちは。
手にスマホを持ちながらスマホを探したことのあるエリサです。

あなたも一度は…ありますよね?(ない?)

さて今回は母の思い出の味のお話しをします。

母がよく作ってた

近くに住む父方の祖母は和食が得意で。

だから母は洋食や中華など
祖母があまり作らない料理を作ってくれました。

その中のおかずのひとつが
シーチキンの炒り煮です。

シーチキンをフライパンで炒って
甘じょっぱく味付けしたもので

大量に作っては
三色丼にしたりおにぎりの具にしたりして
よく食べていました。

思い出して作ってみる

先日孫たちを預かったときに
思い出して作ってみました。

ブログ用じゃなく記録用に撮った写真です。。

すると、食べる食べる!

ごはんの上に乗せてあげたら
「ばぁばのごはん、おいしー!」と。

私が作ったものではありますが
母の味をほめられたようで
とてもうれしくなりました。

子どもたちのために

私は4人兄弟です。
それぞれ好き嫌いがあったはず。

母は4人が食べられるものを
工夫しながら作っていたのだと思います。

母がよく作ってくれたものは
きっと子どもが喜んで食べるものばかり。

今更ながら偉大さを実感しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました