私が「嫌われる勇気」を持てたワケ

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
私のこと
この記事は約3分で読めます。

昔の私は「みんな仲良く」「博愛精神」「友達100人できるかな」を地で行くような人間でした。
無意識に、みんなに好かれないといけないと思っていたんです。

そんな私の十年ほど前の出来事をお話しします。

自分を見失っていた

みんなに好かれようとした結果、自分を見失っていました。
みんなが求める私、みんなが心地よい私でいようとしたんです。

そして気がつきました。
「自分の好きなものがわからない」と。

何を食べたいのか、何をしたいのか、何色が好きなのかがわからない。
もう、愕然です。

求められる自分を演じているのか、自分の本当の気持ちなのか、見分けがつかなくなっていました。

悪口が耳に入り

ある時、一部の人達にとことん嫌われたんです。
自分を見失ってまで好かれようとしていたはずなのに。

最初はなんとか関係を修復しようと努力しました。
けれどうまくいきません。

振り返ってみると、結構前からチクチクと嫌がらせをされていたフシがありました。
でも当時「みんな根は良い人」と信じていて、キツイことを言われても「私のために言ってくれてるんだ」と思い込んでいたんです。

どうすりゃいいの!?

そんな折、私にとって衝撃の出来事が起こりました。

とある人に仕事の連絡でメールを送ったら「メールだと見逃すので口頭で伝えてください!」と言われました。
次は口頭でお伝えしたところ「口頭だと忘れるからメールで送ってくれないと困ります!」とプンプンされました。
だからメールで送って口頭で伝えたら「何度もしつこい」と言わんばかりの対応で。

どちらも同じ人ですし、最初の発言から1週間経ったか経たないかくらいの出来事です。

この経験が、「何をやっても文句を言われるときはある!」という気づきとなりました。

自分を取り戻す日々

自分は見失うし、悪口は言われるし、散々な状況に参っていました。
だからすがる思いで、自分を立て直すためのコーチングを受けたんです。

その中で今でも印象に残っているのが「自分の感情を認識する」という練習でした。

最初は「自分の感情がわからない」というところからのスタート。

「足をテーブルにぶつけた!あれ…私今ちょっとイライラしてる?」
「イチゴを食べると少し心が軽くなる。幸せな気持ちが増えるのかもしれない」
「芸能人の○○さんが好き。なぜなら…」
「今日のレジ待ちで嫌な思いをした。なぜなら…」

こんな風に、逐一自分の感情を言葉にしていきました。

そのうち「悪口言った○○さんのこと、私キライ!」という感情が出てきました。
人を嫌いたくない自分と、そうではいられなかった自分。

やっと対峙できた瞬間でした。

“好き”を追求する人の誕生

光があれば陰がある。陰があれば光がある。

“嫌い”という感情に気づいたことで、”好き”を認識する精度も高まっていきました。

その流れでミニマリストになり、好きな物だけ残していったのが今の暮らし。

コーチングで経験した「好き・嫌い」を認識していく練習が、モノの取捨選択に大いに生かされています。

好きな人に愛情を注ぐ

嫌な人にも、誠実な対応はします。
けれどわざわざ親切にはしません。
「私と関わりのない場所で幸せでいてください」という気持ちです。

貴重な時間と気持ちは、好きな人・大切な人たちに使いたい。
今はそう思って生きています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました