【テーブルの片付け】出したらしまうクセがつくアイテム

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約2分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 テーブルの上と頭の中って、連動していると思いませんか?

【Voicy】ラジオで聴けます

テーブルの上と頭の中の連動

 私だけでしょうか?

 テーブルの上をスッキリさせると、思考しやすくなります。

 テーブルの上に物が多いと、思考があっちこっちにぴゅんぴゅん飛びます。

 逆も言えます。

 思考がごちゃついているときは、だいたいテーブルの上もごちゃつきがちに。

 ただ頭の中を整理するよりも、断然テーブルの上を整理するほうがラク。

 だからまず、テーブルの上を片付けます。

使ったあとは戻す

  • 食器→キッチンシンクへ
  • 雑誌や新聞→ラックへ、読んだら即処分、スクラップしたいところは切り取る
  • 文房具→ペン立てへ
  • タオル→洗濯機へ
  • 謎の小物→手放す
  • ゴミ→すぐ捨てる

 そういえば片付けができなかった頃は、なぜかテーブルの上にタオルを放置してることがありました。

 手を拭いたりして塗れたものを床に置くのは気が引けて、ひとまずテーブルの上に置くことで解決した気になっていた…のかもしれません。

出したらしまうクセがつくアイテム

 私はバスケットトローリーを使ってから、テーブルや机の片付けがラクになりました。

 よく使うものを身近に置けるので便利ですし、座った状態でも出し入れしやすいからです。

 もし収納がテーブルから遠い場所にあったら、たった数歩のことだとしても私は少しめんどうに感じます。

 すると片付けを先延ばしし、結果としてテーブルの上がごちゃつく状態になっていたでしょう。

 バスケットトローリーという商品を作ってくれた人に感謝しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました