穴が空いた靴下の気まずさを私は知っている

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約2分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは『靴下を手放す』です。

\ラジオでも聴けます/

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

靴下をチェックしよう

 おうちにある靴下やストッキングやタイツ、チェックしてみませんか?穴が空きそうだったり片方だけになっている物はありませんか?

 片付けができなかった頃の私の部屋には、そういう靴下があちこちに潜んでいました。

 靴下って小さくてコンパクトになるので、チェックも甘くなるし、部屋の中で見失いやすい物です。

 だからこそ靴下の状態を管理できるようになると、他の衣類の管理も上手になると思いました。

靴下から得られる安心感

 靴下は、帽子や靴に比べて目立ちづらいアイテムです。靴下の色や柄のチラ見せとか、靴下にこだわるのって、オシャレ上級者さんがするイメージがありますよね。

 でも目立たないのに、靴下の状態が与える心理的影響は大きいと思うんです。

 外出先で自分の靴下やストッキングに穴が空いてるのを発見したときって、ソワソワしませんか?靴を脱いで上がるお店を避けたり、見えないように座ったりした経験が…私はあります。笑

 人の靴下に穴が空いてるのを発見したときも、なかなかの気まずさ。親しい関係じゃないと指摘しづらいです。

 小さくて目立たないけれど、実は心の安定・安心感につながるアイテム。だからこそ、靴下の状態に自信を持てるように日頃からチェックしておくのは、大事だと思いました。

同じ色柄で揃えるメリット

 最後に靴下を揃えるメリットについて。

 同じ色・デザインの靴下で何足か揃えると、洗濯のあとや履くときに、対になった靴下を探す手間がかかりません。

 一足ずつ違うデザインの靴下を持つのも楽しいですけれど、靴下パズルの時間を節約したいなら、揃えるメリットは大きいです。

 それに片方に穴が空いたり、失くしてしまったときも、使い続けることができます。

 これは衣類の「私服の制服化」というミニマリストの考え方にも通じるのですが、靴下も制服化・定番化すると、暮らしがラクになるというお話でした。

まとめ

ということで今回は、  

  • 靴下をチェックしよう
  • 靴下から得られる安心感
  • 同じ色柄で揃えるメリット

という内容のお話をしました。

 靴下の状態を整えるきっかけになったのなら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました