郵便物の捨て活|3つの道具で即分類

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴7年
・2冊の本を出版
・元MENSAメンバー
・エンディングノート認定講師
・心理カウンセラー資格所有
・子ども3人、孫2人
・雪国一人暮らし

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、ミニマリストエリサです。

今回のテーマは郵便物の手放し方。

紙って一枚一枚は軽いのに
溜まると結構な重さになりますね。

\音声再生はこちら/
Voicyアカウントを作るとフォローやいいね(♡)が押せるようになります。

溜まってしまった郵便物

すでに溜まってしまった郵便物と
新たに届く郵便物の二つに分けて
お話しして行きます。

まずは大きく3つに分類すると
やりやすかったです。

  1. 処分するもの
  2. 対処が必要なもの
  3. 保管するもの

処分するもの

宣伝広告ハガキや保管期限の切れた通知や
読み返すことのないお手紙など。

これはシュレッダーにかけたり
個人情報保護スタンプを押すなどして
すぐ紙ゴミ行きに。

対処が必要なもの

請求書や返事が必要なお手紙などは
目につきやすい場所に貼ったり
机の上に置いたりすると
行動しやすいです。
(私は見えないところに置くと忘れてしまう、、)

保管するもの

何度も読み返したいお手紙や
保管期限のある重要書類などは
専用ファイルを作って挟み込むと便利です。

ある程度一杯になったら
整理整頓するサイクルに。

新たに入ってくる郵便物

新たに届く郵便物は
玄関ですぐに分類するのが吉。

私は次の3つの道具を玄関に揃えています。

  1. 封を開けるカッター
  2. 個人情報を消すローラースタンプ
  3. 紙用の資源ごみの袋

封を開けるカッターがあれば
郵便物をすぐに開けられます。

レターオープナーも良いですね。

個人情報を消すローラースタンプは
こちらがケシポンが便利でした。


ワイドタイプなので
A4の書類全体を消すのもやりやすいです。

郵便ポストに入るチラシも同じく
玄関で処理してしまうと後がラク。

ラジオでも聞けます

\音声再生はこちら/

【2021年11月03日 06:00配信予定】
郵便物の手放し方|3つの道具ですぐ分類 – エリサ|ミニマリスト

ブログよりも音声のほうが
優しそうだと言われるので、ぜひ。。

通勤や家事やストレッチのお供などに
お聴きいただければ幸いです。

ご感想やリクエストなども
Voicyコメント欄で募集しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました