【ミニマリスト】自分に合った服があると服が減る理由

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回は、自分に合った服があると服が減る理由をお話します。

\ラジオでも聴けます/

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

自分に合った服の効果

 お気に入りの服があるとなぜ服が減るのか。その理由は、少ない枚数でも満足できるからです。

 100点満点で70点の服だと心満たされない部分ができてしまい、その穴を埋めるために日替わりで様々な服を着たくなります。

 それが90点の服だと、1枚でも満足感が得られるので、週に3回も4回も着たくなりやすいです。 

 もちろん例外もあるとは思いますが、お気に入りの服は何度も着たくなるという点は、経験ある方も多いのではないでしょうか。

私の場合

 私の体験をお話します。自分に合ったプリーツスカートを見つけたら、他のボトムスを減らせました。

 履いたときにウエストがきつすぎたりしないので、毎日履いても体に負担がありません。スカート丈が足首まで隠れるほど長いので、脚のむくみが気になる日でも履けます。汚れたら洗濯機で洗えるので、毎日気軽に履くことができます。

 このスカートを買ったら他のボトムスに手が伸びる機会が減って、手放すことができました。

 毎日着ていても疲れず、どんな日の自分にも似合って、気軽に扱える服。こういう服に出会うと、自然とワードローブがシンプルになっていきます。

自分に合った服の見つけ方

 では、どうやったらそんな服を見つけられるのでしょうか。

 私は、手放した服の棚卸しが効果的だと感じました。過去に手放した服を書き出し、どうして手放したのかを書き出していくんです。

 例えばこんな感じです。

  • すぐに毛玉ができた
  • シワが付きやすかった
  • 洗濯機で洗えなかった
  • 他の服と合わせづらかった
  • 着てると寒かった
  • 足が太く見える気がした

 次に服を買うときは、これらに当てはまらないかチェックするんです。

 私の場合ですが、見た目で「すてき!」と思っても、結局こういう服って手が伸びづらくなるんですよね。

 こうして過去の自分が手放した服をヒントに服選びのチェックリストを作っておくと、自分に合った服が見つかりやすくなると思いました。

まとめ

 ということで今回は

  • 自分に合った服の効果として、少ない枚数でも満足できるようになること
  • 私に合った服の例として、活用頻度の高いプリーツスカートの話
  • 自分に合った服の見つけ方として、過去に手放した服の理由を書き出してみる方法

をお話しました。

 服を手放し、すっきりしたワードローブを実現するヒントになったのなら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました