カレーライスの日に黄色を手放す

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約2分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今日はカレーライスの日!全国の小中学校で一斉にカレー給食が出された日なんですって。

 ということで、今回のテーマは「黄色を手放す」。カレーといえば黄色、という連想です。ふざけてると思うかもしれませんが、案外これ、良い方法でした。

 色は黄色に限らず、赤や青や白など、他の色に変えても良いです。

\ラジオでも聴けます/

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

色をキーワードにするメリット

視点を変えられる

 色をキーワードに捨てパトロールすると、いつもとは違った視点でお部屋の中を観察できます。

 試しに、いつもどおり部屋の中を眺めるのと、黄色い物を探すつもりで見るのを比べてみてください。脳みその使われる部分が変わるのを感じませんでしたか?同じ景色を見ていても、視点を変えるだけで目が行く部分は変化します。

 見慣れた物は無意識に目がスルーしてしまったりしますが、今回の「色で探す」という方法をとることによって、新鮮な気持ちでお部屋をチェックできるようになります。

部屋の統一感が出る

 この方法でチェックをしていくと、もうひとつ良いことがありました。お部屋の中で違和感のある色ほど目立つので、それを取り除くことで統一感が上がっていくんです。

 反対に、例えば黄色い物がたくさんあると気づいたなら、黄色以外の色を減らすことでスッキリすることもあります。

 色視点での捨てパトロール、やってみませんか?

 もちろん、あえて目立たせてるなら取り除く必要はありませんが、意図せず目立ってしまう物を手放すきっかけにもなるのではないでしょうか。

遊び心が停滞期を救う

 ということで今回は、色をキーワードに捨てパトロールするメリットについてお話をしました。

 お部屋のお片付けが停滞したときは、こんな風に遊び心を持ちつつ、視点を変えた捨てパトロールをしてみるのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました