似合わない服の見つけ方

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

【Voicy】ラジオでも聴けます

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは「似合わない服の見つけ方」です。

 以前の「似合わないというあきらめを手放す」というお話しをしましたが、Voicyのタイトルコールで「あの手この手であなたの人生の足かせを手放す」と言っているように、あの手この手のひとつと思ってお聞きください。

 手放す服を選ぶ基準として「似合わない」というのがありますが、じゃあ具体的にどういう服が似合わないの?という疑問の声があったので、私なりにまとめました。

 次の3つのどれかに当てはまったら、似合わない可能性が高いと思います。

老けて見える服

 着ると老けて見える服は、似合わない服かもしれません。

 大人っぽく見えるのではなく、老けて見えるというのがポイントです。

 私は40代になってから、自分に似合わない服を着ると、一気に10歳くらい老けて見えるようになりました。

 そういう服をうっかり試着したときは「私ってこんなに老けてたっけ!?」とびっくりします。

 若い人の服を着たら若く見えるかというとまったくそうではなくて、逆に老けて見えることもありました。

 服だけが浮き上がって見えて、自分の年齢との違和感を感じさせるのでしょうね。

 今の自分にあった服がいかに大事かを実感しました。

疲れて見える服 

 疲れて見える服も似合わない服と言えそうです。

 着てるとやたらと「体調大丈夫?」「顔色悪いね」「最近疲れてない?」と心配される服ってありませんか?

 もしあれば、それは手放す服の候補に上げても良いと思いました。

 似合わない色を着ると顔色が悪く見えますし、似合わない形を着てると姿勢が悪く見えたりするのでしょうね。

 例えば私は、くすんだマスタードイエローのトップスを着ると、顔色が濁って見えます。

 その色のとっても気に入った服を持っていましたが、着ると具合が悪そうに見えるので、手放しました。

スタイルが悪く見える服

 自分が望まない体型に見える服も似合わない服の代表格ではないでしょうか。

 細く見せたいなら太って見える服、ふっくら見せたいなら痩せて見える服は、手放し候補ですね。

 例えば私はスカートの丈がひざから足首上の長さだと、脚が実際よりもだいぶ太く短く見えます。

 足首がちらっと見えるくらいのロング・マキシ丈だとシュッとして見えました。

 面白いのが、パフスリーブです。

 服自体はかわいらしい形をしているのに、私が着ると肩が強調されてラグビー選手のようになるんです。

 できれば細長く見せたいと思っているので、こういう服はクローゼットから無くしました。

 ゴツく強く見せたいときがあったら、パフスリーブを着ようと思います。

 ということで今回は「似合わない服の見つけ方」というテーマにそって

  • 老けて見える服
  • 疲れて見える服
  • スタイルが悪く見える服

についてお話しをしました。

 手放す服を見つけるヒントになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました