玄関も浴槽もいらない!?家づくりをゼロから考える

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約2分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回は私が最近感動したInstagramをご紹介します。

【Voicy】ラジオでも聴けます

Instagram ミニマリストの家

 ミニマリスト香村薫さんと建築家ナイトウタカシさんが、徹底的にミニマリストの家づくりを考えていくアカウントです。

 最初の投稿から「玄関スペースっている?」という問いかけが。

 「洗面台っているの?」と薫さんがたたみかける。

ゼロから、いる・いらないを考える

 「水切りカゴっている?」や「ソファっている?」から考えたことならありましたが、持ち物や家具レベルの話でした。

 ですがこのアカウントでは、家づくりからの「そもそもいる?」という問いかけ。

 そうなんですよ、住まいを持たないというミニマリズムの方向性もありますけれど、ミニマリズムを体現した空間を追い求めると家づくりから手をつけたくなります。

薫さんがグイグイいく

 薫さんが建築家のナイトウさんに「どうしているの?」とグイグイと理由を掘り下げていって。

 ナイトウさんがていねいに、例えば「冬に温めた身体を温めたいから、という方もいますね」とご回答なさっていて。

 それを踏まえて、家全体を暖めたら必要ないかもという道を提示したりするのが最高です。

結果が同じでもまったく違う

 ちなみに浴槽については、私は夏でも汗で体の芯が冷えたりするので「いる派」です。

 でも最初から思考停止で「浴槽はどれにしよう」と思っているのではなく、検討した末に「私は浴槽が必要!」と強く思うのでは、同じ結果だとしてもまったく意味合いが違ってくると思いました。

 「必要!」という強い気持ちで選んだ浴槽は、自然と日々感謝して使えるのではないでしょうか。

 ということで今回は、私の中で大ヒットしているInstagramアカウントについて熱く語らせていただきました。

 おうちづくりを考えている人だけではなく、持ち物をゼロから考えるヒントを得られるので、気になった方はぜひInstagramで「ミニマリストの家」と検索してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました