ミニマリストの持ち物|リピート購入したタオル

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストの持ち物
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、ミニマリストのエリサです。

今回は、気に入りすぎてリピート購入しているタオルのお話しをします。

タオル洗濯の悩み

2年前に引っ越したとき、乾燥機付きの洗濯機にしました。

タオルを乾燥機にかけると、パイル部分がやわらかく仕上がるのが良かったです。
私は肌が弱いので柔軟剤をなるべく使わないようにしているため、助かりました。

その代わり、ひとつ問題が発生。
何度も乾燥機にかけていると、タオルの端がゴワついたり縫い目が縮まるようになったのです。

気になるタオルを見つけた

あるとき、気になるタオルを見つけました。

当時読んだレビューがどれだったのかは忘れてしまいましたが、内容は「長く使っても質感が変わらない」「ホテルタオルのようなふっくら感を求める人には向かない」というものでした。

それがこちら、8年タオル。

「8年使っても、まだほつれません」とレビューがついたことが名付けのきっかけだそうです。

まずはフェイスタオルから

フェイスタオル・チャコールグレー

最初に買ったのは、フェイスタオルサイズのもの。
洗った食器を置く水切りタオルとして使い始めました。

その後、1枚につき30回以上洗ってると思いますが、質感はさほど変わりません。

洗うほどふわふわになるのが魅力のタオルもありますが、これは逆。
何度洗っても、買ったときと変わらないのが、良さなんです。

バスタオルも買った

バスタオル・シルバーグレー

バスタオルは、長年ガーゼのバスタオルを気に入って使ってきました。
けれどガーゼ素材で乾燥機にかけられる商品が、なかなか見つからなくって。

そこで8年タオルのバスタオルを、試しに買ってみることにしました。

8年タオルのバスタオルは、ふんわりした特別な気持ちよさは感じません。
でも、いつ使っても変わらない質感の安心感は、予想以上にストレスが減ると思いました。

質実剛健で暮らしを安定させてくれるタオルです。

色味が良い

ホテル風タオルが華やかな主役だとしたら、8年タオルは縁の下の力持ち的な脇役です。

地味な存在…と思いきや、色に魅力がありました。

私が使っているフェイスタオルはチャコールグレー、バスタオルはシルバーグレー。
これがどちらも、とても良いニュアンスカラーなんです。

チャコールグレーはほんのりネイビーやパープル味を感じるような深みのある色。
シルバーグレーは日光や照明によって、ライラックがかって見えたりすることも。

同じ色名がついていても、商品によって色味はだいぶ変わります。
この色味に、センスって現れると思うんですよね。

8年タオルは、質感は質実剛健ながら、色味はおしゃれですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました