やりたいことがいっぱい!そんなときの時間の使い方

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約3分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは「やりたいことがいっぱいあるときの時間の使い方」です。

 Voicyリスナーさんからいただいたお悩みの内容が「平日は仕事、休日は家事をしていたら時間がなくなってしまう。勉強や部屋づくりをしたいけど、どうしたらいいのか」というものでした。

 私だったらどうするかを考えてみたので、ご紹介します。

【Voicy】ラジオでも聴けます

時間の使い方を把握する

 時間を捻出するには、まず自分の時間の使い方を正確に知ることが大事と思っています。

 家事の時間や読書時間の他、なんとなくネットサーフィンした時間やボーッとした時間などもすべて記録するんです。

 やってみると、やめてもいいことをしている時間が見つかったりしました。

 私は不定期でこれを調べるようにしていて、そのために使っているツールは「タイムトラッキング アプリ」です。

 私が使ったことがあるのはMyStats(マイスタッツ)というアプリ。円グラフで時間の使い方を見ることができました。

習慣を物理的に変える

 時間を把握してやめたいことを見つけたら、物理的に変えます。

 例えばテレビを見る時間を減らしたいなら、テレビを手放す。それが無理ならクローゼットにしまう。それもダメならせめてコンセントは抜く。

 おやつを食べる時間を減らしたいなら、そもそもおやつを買わない。どうしても必要なら、踏み台を使わないと取り出せないところに収納する。

 私の合言葉は「意志に頼るな、物理に頼れ!」です。

 その上で、やりたいことをやる環境を作ります。

 勉強したいなら、デスクに参考書やペンを広げておく。

 運動したいなら、トレーニングマットを出しっぱなしにして、スポーツウェアで過ごす。

 やりたいこと以外の物はとことん手放して、目につかない状態にしておくのも大事です。

やめられることを見つける

 それでも時間が足りなければ、やめられることを見つけます。

 私は仕事関係のコンテスト出場が決まったとき、髪をざっくり切りました。

 長い髪を髪を洗ったり乾かしたりしていた時間(1時間くらいかかってた)を、練習にあてたんです。

 ということで今回は「やりたいことがいっぱいあるときの時間の使い方」というテーマにそって、私だったらどうするかをお話しました。

 やり方のひとつとして、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました