「白でいい」と「白がいい」

スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。
白い着物を着ていて幽霊と間違われたことのあるエリサです。

家電やTシャツなどの色選び。

「白でいい」と「白がいい」は
だいぶ違います。

※この記事は旧ブログ『魔法使いのシンプルライフ』公開記事を元に書き直しました。

「白でいい」ばかりだと楽しくない

ミニマリズムに目覚めたばかりの頃。

シンプル=白というステレオタイプにはまり
消極的な気持ちで白を選んでいました。

すると買い物も楽しくないし
何も欲しくなくなって。

生きる意味にすら疑問を持つ
精神状態になってしまいました。

「白でいい」を活かす

何もすべての「白”で”いい」が
悪いわけじゃありません。

そのおかげで興味のない物事を
選択する時間が節約できました。

でもその節約は
活かすものがあってこそ。

今は興味のあることや
楽しいことに時間を使うために
「白でいい」という選択を
活用しています。

うちの冷蔵庫と電子レンジは白いです。

造形への愛着はさほどなく
利便性を考えて持っているだけ。

なので白壁に溶け込むという理由で
白を選びました。

「白がいい」もの

手持ち服の中で
白いアイテムは特にお気に入り。

顔色がよく見えて
最高にきれいな色と思うので
積極的に白を選んでいます。

白が好き

白が好きなので
上手に付き合っていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました