セミオーダーで作ったパンプス

スポンサーリンク
【終活】健康で美しく長生き
この記事は約2分で読めます。

ブラックフォーマルにも使えるシンプルな黒いパンプス。
東京に行った時にセミオーダーで作ってもらいました。

外反母趾気味なので、足に合った靴じゃないとすぐ痛くなります。
オーダー靴は敷居が高いけれど、セミオーダーならお手軽。

今回は行ったお店やオーダーの仕方、気に入ってるポイントなどをご紹介します。

※この記事は旧ブログ『魔法使いのシンプルライフ』公開記事を元に書き直しました。

セミオーダーできるお店

セミオーダーの靴が1万円以内で買えると聞いて、最初は半信半疑でした。

訪ねたのはKiBERAの渋谷東口店。

私が住む北海道には店舗がなく、出張で東京に行ったときに立ち寄りました。
※当時はコロナ禍ではありません

シューズができるまでの流れ

お店に行くと、シュージェリストとよばれる靴の専門知識をもった販売スタッフさんがていねいに接客してくださいました。

靴を脱ぎ、三次元足型計測器というので足を計測してもらいます。
その後はカウンセリングを受け、より正確な情報を元に最適な靴を選んでいただけるように。

ちなみに私の足サイズは22.6cmでした。
足囲や足幅が書いてある紙もいただいたのですが、当時なぜか写真も撮らずにシュレッドしてしまい💦
いくつだったかわかりません。

オーダーシューズが手元に届いたのは、計測してから約3週間後でした。

↓YouTubeにもオーダーの流れ解説がありました。

オーダーシューズが出来るまで

お気に入りポイント

5年以上経った今も使えるシンプルさ
  • 足にフィットしてパカパカしない
  • 履くと足首が華奢に見える(たぶんヒールの位置のおかげ)

ストッキングで履くとちょうどよくフィットし、タイツや靴下を履くと少しキツイです。
この靴を履いてから、今まで自分の足に対して大きい靴を選んでいたのだと気づきました。

足にピッタリ合っていると、9cmヒールでも足が疲れづらいとのこと。
高いヒールのオシャレ靴ほど、オーダーシューズの良さが活きそうです。

良かったこと

身長の低さをカバーするため、ヒールの高い靴を選びがちだった私。
ずいぶんと足に負担をかけてきたと思います。

そのせいで右足が外反母趾気味になりました。
だから少しでも足に優しい靴選びをしたいところ。

このときのオーダーで自分の足を知れたのは、今も財産になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました