40代、きれいな爪を育てる 〜ハイポニキウムって知ってる?〜

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】健康で美しく長生き
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。
『今日燃やせるゴミ』と書いたつもりが『今日も痩せるゴミ』になっていたエリサです。
ゴミダイエット?

最近ハイポニキウムを育てています。

観葉植物ではありません。

あなたの爪の裏側にもあるものです。

ハイポニキウムって?

ハイポニキウムとは、爪の裏にある指先の皮膚と爪のあいだに伸びている爪下皮(そうかひ)のことです。

ハイポニキウムとは?伸びない人の特徴や爪の伸ばし方を紹介! | Kuraneo

下の画像は私の爪の裏側を撮影したものです。

指と爪の間に、爪とは別の何かが見えますか?

拡大してみます。

線で囲った部分がハイポニキウムです。

自爪を見たときにピンク色の部分が長いと
細長くてきれいな爪に見えますよね。

このピンク色を伸ばすには
ハイポニキウムを育てる必要があります。

爪の変化

ハイポニキウムが育った結果
私の爪がどうなったかをご覧ください。

下の画像は2017年3月に撮影したものです。

同年2月にジェルネイルを付けはじめて
爪がつるんとしてる喜びに目覚めた頃。

爪全体をジェルネイルの色が覆っているので
ピンク色の部分がどこまであるのか見えませんが
全部ピンク色だったとしても短いです。

そして次の画像が2021年10月に撮影した爪。

↓比較画像はこちら。

ピンク色の部分が長くなりました。

ハイポニキウムのお手入れ

私が行ったのは以下の3つです。

  1. ジェルネイルで爪を守る
  2. 爪が浮く動作を避ける
  3. オイルをマメに塗る

ジェルネイルで爪を守る

ジェルネイルをつけ始めた理由は
爪表面の色つやを良くしたかったから。

だけどそれ以上の効果があったことが
あとからわかりました。

ジェルネイルの厚みと硬さで
爪に負担がかかったときに
横幅が広がったり指から浮いたりするのを
防いでくれていたようです。

半年くらいで爪が細長くなったのを感じました。

下の画像は2017年11月の爪です。
ジェルネイルを付け始めてから9ヶ月後くらい。

2年くらいネイルサロンに通っていましたが
コロナ禍をきっかけにセルフジェルネイルしています。

ジェルネイルは付け替えるときに爪に負担がかかるので
なるべく爪に負担がかからない方法を探した結果
はがせるジェルネイルを使うようになりました。

↓もう5回以上リピート購入しているアイテム。

トップジェルなので
ベースコートや色付きジェルと合わせるものですが
私はこれひとつで使ったりも。

通常のジェルネイルは3〜4週間くらい保ちますが
これは半分くらいの期間ではがれてきます。

だけどカンタンに付け替えできるメリットの方を
強く感じています。

ジェルを硬化させるライトは
ジェラートファクトリーで買いました。

ただ商品を見た限りでは
ドンキホーテや100円ショップで
300〜800円くらいで売っていたものと
変わらない気がするんですよね。
ロゴ印刷が違うだけのような。

もし私が買い直すとしたら
次は上記のプチプラを試します。

爪が浮く動作を避ける

缶のプルタブを開けるときや
豆乳のパックを開くときなど
爪を使って作業することがありました。

今はそれをやめて
なるべく指側を使ったり
道具を使うようにしています。

ちょっとめんどうですが…

この1回でピンクの部分がはがれると思うと
気をつけるようになりました。

オイルをマメに塗る

オイルをマメに塗り込んでいます。

特にハイポニキウムの部分と
爪を作る根元の部分。

↓2枚の写真の線が引いてあるところ。

ここにネイルオイルをすり込みます。

塗るタイミングは手を洗ったあと。
できるだけ毎回塗っています。

市販のネイルペンもありますが
無香料の商品が少なかったので
無印良品のホホバオイルをペン容器に詰めました。

香り付きだと食事前に塗れないし
使いどころを選ばないといけなくなるので。

容量が少ないので携帯用
回した分だけオイルが出る

↓私が買ったオイルと容器。

↓香り付きで良ければ市販品も。

噛みグセ・深爪を経て

子どもの頃は爪を噛むクセがあり
ピンクの部分が元の半分くらいになったことがありました。

中学生のときにクセを治してだいぶ戻ったけれど
細長かった爪は幅広になったまま。

さらに仕事で手を酷使するので
30代は深爪に近い切り方をしていた結果
ささくれの絶えないボロボロの手になっていました。

人前の近い距離で手を出すのが恥ずかしいと思うくらい
コンプレックスだったのです。

当時のビフォー写真をお見せしたいのですが
手が写る状況を避けていただけあって
見つかりませんでした。

そんな私の手でもお手入れを続けたことで
コンプレックスを払拭できたんです。

子育て中だったり家事が忙しかったり
過酷なお仕事をしていたりすると
きっと手のお手入れする気持ちにもなりませんよね。

私もそうでした。

このブログでお伝えするミニマリズムや
こうしたお手入れ情報によって

暮らしに余裕が生まれたり
将来のお手入れイメージが希望となり
楽しく過ごしていただけることを願っています。

コメント

  1. りん より:

    以前エリサさんの動画でも拝見しましたが、爪って硬いけれど変わるんだ!と衝撃を受けました。
    恥ずかしながら、私は昔からの噛み癖、むしり癖、深爪の癖がいまだに治っておりません。
    エリサさんはどのように克服されましたか?

    • エリサ エリサ より:

      りんさん、コメントありがとうございます。
      そうなんですよね、爪ってこんなに変わるのか、と私も驚きました!

      爪を噛む癖をどうやって治したのか思い出してみました。

      噛むのは精神的ストレスと連動してたりしますから、まずはそちらの解決を目指しつつ…
      元のストレスが解決してるのにクセになってしまっている場合は、物理的な防御が有効とは思いました。

      セロテープを巻いたら、噛もうとすると違和感があって、ちょっと冷静になれて噛む回数は減りました。
      無意識に噛んでしまうときには有効かもしれません。

      わさびを塗ってみたらしみて続けられなかった記憶があります 笑
      絆創膏は爪と同じようにむしってしまっていました。

      ネイルを塗ると噛むのがもったいなく感じたり、ニオイで無意識→意識に転換できたりもしました。

      あとは、爪を噛んでいたらできない夢中でできること(例 縄跳び、編み物など)を増やしたら、自然と噛み癖が消えていました。

      参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました