ボロボロの手を回復させたハンドケア

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】健康で美しく長生き
この記事は約3分で読めます。

人前に手を出すのが恥ずかしいと思うくらいボロボロだった私の手。
今は「手がきれい」と褒められるくらいまで回復しました。

そんな私のハンドケアについてお話します。

ハンドクリーム選び

飽きっぽい私は数々のハンドクリームを試しました。
その中でリピート購入しているのは次の3つ。

どれも成分はお墨付き、貴重な物質やハンドクリームランキング比較サイトで上位入賞常連ばかりです。

持ち歩きやすい

血行促進・皮膚保湿剤の効果が高いヘパリン類似物質配合のNALCハンドクリーム。

そしてパッケージが最高に好みです。
薄い容器に入っているので、ポケットに入れてもかさばりません。
マットホワイトのシンプルなデザインも気に入っています。

たぶん5箱以上はリピート購入しました。

手がきれいに見える

コエンリッチシリーズは安いのに効果を感じます。

私が最近気に入っているのは、トーンアップタイプ。
塗るとシワが目立たなくなります。

ひどい手荒れには

すでに荒れてしまった手には、馬油が最強。

過去に大やけどを負った知人が、馬油で皮膚を再生させた話を聞いてから馬油の凄さを思い知りました。(跡を見せてもらいましたがかなりきれいになっていました)

逆剥けがひどくてボロボロになったときも、馬油を塗ると回復が早いです。

塗り方

手のひらにハンドクリームがついてベタつくのが嫌で、手の甲だけをすり合わせて塗っていたこともありました。

ですが手のひらの熱でとろけさせると浸透しやすいと聞いてからは、全体にせっせと塗っています。

ハンドクリームの種類や気温や湿度にもよりますが、手全体に無理なく塗れる量として2〜3cm出し、全体に塗り込みます。
その後は指一本一本をくるくる回しながら細かいところにも。

余力があれば爪の甘皮部分にオイルをつけてマッサージします。

私のハンドケアグッズ

塗るタイミング

  • 朝起きてお手洗いに行ったあと
  • 手を洗った後
  • 手を洗う前
  • 夜寝る前

手を洗う前に塗るのは無駄だと思っていました。
ですがあらかじめ塗っておくことで膜になって保護してくれるんですよね。
水仕事の前に塗る用のハンドクリームも販売されています。

↓こちらも信頼のアトリックス。ニベアと同じ会社といえばご納得いただけるでしょうか。

そして洗濯前のしみ抜きや床の雑巾がけをするときは、スペシャルハンドケアのチャンス。
ハンドクリームをたっぷり塗り込み、ビニール手袋をはめて保湿します。
家事が終わった頃には手がしっとりしていますよ。

10回じゃきかないくらいは塗ってるはず。

マメさはつくれる!

とにかく保湿、暇さえあればぬりぬり。

…となると、いかに手間なく気軽に塗れるかが本当に大事。

性格や暮らしに合わせて

  • すぐ手の届くところ
  • 出しやすい容器
  • 使いやすい価格帯

を選ぶのがコツ。

シワが増え始める40代の私のハンドケア、参考になったなら幸いです。

コメント

  1. 田中明子 より:

    書名を間違えました。
    「トランクひとつのモノで暮らす」でした!

    • エリサ エリサ より:

      トランクひとつのモノで暮らすもお読みくださっているのですね、ありがとうございます!
      「魔法使い」という名前の方も覚えてくださっていて、二重に嬉しいです😊

タイトルとURLをコピーしました