スマホを見ない時間を増やす3つの方法

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】健康で美しく長生き
この記事は約3分で読めます。

【Voicy】ラジオでも聴けます

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは「スマホを見ない時間を増やす」。

 今やスマホは、電話をするのがおまけの機能に感じるほど、朝のアラームから始まって、調べ物をしたり、時計代わりになったり、スケジュール帳として活躍したり、万歩計にもなったりと、万能の働きをしてくれます。

 暮らしが便利になるのは大歓迎ですが、あまりに長時間スマホの画面を見ていると、目にも悪いし体も凝ってしまいます。

 なので今回は、スマホを見る時間を減らす行動を中心にまとめてみました。

1.散歩

 散歩してるときはスマホを見る時間がぐんと減ります。

 私はときどき立ち止まってお花や空などの景色をスマホカメラで撮影したりしますが、歩いている最中は基本的にしまっておきますからね。

 目も休まるし、体力もつくし、無料でできて最高の趣味だと思いました。

 ただ単に「スマホを見る時間を減らすぞ」と思うよりも、こうして自然とスマホを見ないでいられる行動を増やすほうが、効果的に目を休められる気がしています。

2.人との交流

 人と交流する時間も、スマホを見る時間が減ると思いませんか?

 会話の流れで一緒に画面を見たりすることはあっても、ずっとスマホを見ながら会話するってあまりないケースだと思いました。

 私はひとりでいるとちょくちょくスマホを見てしまいますが、人と会っている間はかなり長い時間放置していたりします。

 自然と見ないでいられるんですよね。

3.Voicy

 スマホを見る理由のひとつが「情報収集」だったりしますが、その点音声配信は目を休めながら情報収集できる優秀なツールだと思いました。

 Voicyもそうです。

 家事をしながら、通勤や通学をしながら、ものづくりをしながらなど、お聞きくださっているという声がよく届きます。

 私自身も、昨年目の調子が悪くて3ヶ月ほど眼科に通った時期に、Voicyが大活躍しました。

 短時間しか目を使えなくても世の中の動向がわかったり、情報収集ができたのはVoicyのおかげです。

 ということで今回は「スマホを見ない時間を増やす」というテーマにそって

  1. 散歩
  2. 人との交流
  3. Voicy

についてお話しをしました。

 このお話しをするにあたっていろんなシーンを思い出してみたんですけど、ジムでも画面で映画を見ながらフィットネスバイクできたりしますし、入浴のときに使える防水ケースもありますし、読書は私なんかは紙よりも電子書籍のほうが読みやすいと感じるようになりましたし、海やプールでも思い出を残すためにスマホが活躍してたりするので、スマホを手放す機会って本当に減っていると思いました。

 かなりスマホにお世話になっているので、本体を手放そうとは思わないのですが、とにかく目を休めたいと思って今回のような内容にした次第です。

 あなたはどんな時間にスマホ画面から目を離しますか?

 スマホ画面を見る時間を減らすために行っている工夫はありますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました