売ろうと思いつつ、手放せてない物はありませんか?

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回の手放しテーマは「売ろうと思ってる物」です。

 フリマアプリに出品したけれど一向に売れない物や、リサイクルショップに持っていこうと思いつつ忘れている物などはありませんか?

\ラジオでも聴けます/

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

売ろうと思いつつ手放せない理由

 持ち物を選別して、手放すことを決断した物。

 手放す方法は「捨てる」「ゆずる」などがありますが、その中でも「売る」と思った物が家に長いこと残っているケースが多い気がしました。

 なぜなら、捨てたりゆずったりするよりも、売るのはハードルが高いからです。

 売るのって、ホコリを取ったり動作確認をしたりしなければならない場合もありますし、フリマアプリに出品する場合は写真を撮ったり商品説明を書いたりするなどの手間がかかります。

 私は今でこそ物をとことん減らして余裕ができたのでマメにできるようになりましたが、ミニマリストになる前の私にはかなりめんどうなことでした。

 それに出品しても全然売れない物も中にはあります。

 手放すことを決心したのに、いつまでも家に残っていたら、お片付けがラクになりませんよね。

対処法

 まず、フリマアプリへの出品ができていない場合は、リサイクルショップにまとめて持っていく方法に切り替えてみてください。

↓宅配で買い取ってもらう方法もあります。

 写真を撮ったり説明を書いたりするのがハードルになっている場合は、この方法で手放せるのではないでしょうか。

 フリマアプリよりも買取金額はだいぶ下がる傾向はありますが、持て余すよりずっと良いはずです。

 フリマアプリやジモティに出品するところまではやっているけど、売れるところまで行っていない場合は、金額に応じて1日100円ずつ、500円ずつなどと値下げしてみるのも手です。

 私はメルカリに出品した際、ラクマにも出品することが多いです。メルカリでは売れなかった物がラクマでは売れることもありました。ラクマ紹介コード【kTXms】入力すると300円分のポイントがらもえます)

 1週間そうやって様子を見て、それでも売れなければ、リサイクルショップに持っていくか、捨てることを決心しても良いと思いました。

 逆にリサイクルショップが遠くてなかなか持っていけないという場合は、フリマアプリに切り替えたり、ジモティというアプリを使って自宅周辺まで取りに来てもらったりするのも手です。

 運ぶのが大変な大きめの家具なんかは特に、自宅前まで来てもらえるなら手放しやすいと思います。

 これらの方法をめんどうに感じたり、試しても手放せなかったりする場合は、今度こそ捨てましょう。

 捨てるためのゴミ袋を用意することや、大型ゴミ引取シールなどを買うのすらめんどうと思った場合は、業者さんの出番です。

 そうなると今度は売ってお金を手にするどころか、それなりのお金がかかるということを意識してみてください。

 そう思うことで「売る」行動に移れる人も、中にはいるかもしれません。

 もちろんお金を払って業者さんに頼む方法を選択するのも良いと思います。

 ということで今回は、売ろうと思いつつ手放せない例と、対処法についてお話しました。

 「売る」というのがネックになっている方は、この機会に自分にあった手放し方を見直してみるのも良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました