ストレス解消なら、衝動買いより捨てパトで

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約2分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは「衝動買いを手放す」。

買い物熟成リストの活用

 ミニマリストになる前は、いくつ衝動買いをしたことか。

 そんな暮らしを変えてくれたのは、買い物熟成リストでした。

 欲しいと思ったものをリストにストックすることで、気持ちが一旦落ち着くんです。

 私はApple純正のリマインダーアプリにフォルダを作って使っています。

腐るor熟成?

 食べ物って、時間が経つと腐ってしまうものと、熟成されておいしくなるものがあります。

 それと同じように「欲しい」という気持ちも、腐るものと熟成されるものがあります。

 自分にとって本当に必要じゃなかったものは、買いたい気持ちが治まる。これは腐ったものを処分するのと同じようにリストから消します。

 時間をおいてもやっぱり欲しいと思うものは、じっくり吟味して買うことができます。これを熟成された状態と私は呼んでいます。

ストレス解消には捨てパト

 ストレスが溜まって衝動買したくなることもありますよね。

 でもそうやって衝動買した結果、あとで余計にストレスが大きくなることがありました。

 だってお金は減るし、使わない物で部屋は圧迫されるし、後悔しかありません。

 だから代わりに、捨てパトするようにしました。

 家中をぐるっと回って、手放すものを探すんです。

 お金がかからないどころか、リサイクルショップに持っていけばお金が増えることもありますし、部屋がスッキリして暮らしがラクになります。

 ストレス解消で衝動買いして後悔したことはたくさんあるけれど、捨てパトして後悔したことはありません。

 ということで今回は「衝動買いを手放す」というテーマでお話しをしました。

 本当に必要なものだけで暮らすためのヒントになれば幸いです。

【Voicy】ラジオで聴けます

コメント

タイトルとURLをコピーしました