お部屋の捨て活パトロール

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・2冊の本を出版
・元MENSAメンバー
・エンディングノート認定講師
・心理カウンセラー資格所有
・子ども3人、孫2人
・雪国一人暮らし

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

こんにちは、ミニマリストエリサです。

ミニマリストでも、物は増える!

今回のテーマは、お部屋の捨て活パトロールです。

\ラジオでも聴けます/
Voicyアカウントを作るとフォローやいいね(♡)が押せるようになります。

物の新陳代謝のこと

私はミニマリストとして少ない持ち物で暮らしています。
それでも、減らさなければ物は増えていきます。

持ち物にも新陳代謝があるからです。

例え話ですが、人間の体も、食べてエネルギーを作って余分なものを出していますよね。
入ってきたすべてのものが栄養になるわけではなく、一部は排泄されていきます。
入れて出すという一連の流れを含めて、健康を維持する仕組みになっているのではないでしょうか。

持ち物もそれと同じように、ある程度の量を入れてから余分な物を手放すという流れによって、より洗練されていくと感じました。

もちろん、暴飲暴食が体に良くないように、物も衝動買いのような入れ方は良くないです。
でもまったく新しい物を入れないと、健全な成長が止まるのではないでしょうか。

だから物が自然と増えることを受け入れ、その上で手放す習慣を持つことが大切だと思っています。

お部屋の捨てパトのやり方

お部屋の捨てパトのやり方は、カンタンです。

部屋をグルーっと回って、今の自分に不要な物や手放せる物がないかを探すだけ。
右回りに順番に回ってもいいし、行きたいところからジグザグ行ってもいいし、自由です。

見る範囲も自由。
部屋中を回っても良いし、コスメポーチひとつ、引き出しひとつと小さいスペースでもOK。

この捨てパトが楽しいと感じるようになったら、しめたものです。

捨てパトするタイミング

捨てパトするタイミングは、例えば私ならこんな感じです。

  • モヤモヤしたとき
  • 気分転換したいとき
  • 何かが一段落したとき
  • 季節の変わり目
  • 新しく物を増やしたとき

モヤモヤの解消法として、衝動買いより健全だと思いませんか?

捨てパトは気分転換にも最適。
お部屋をぐるっと回ることで気分がリセットされたりします。

何かが一段落したタイミングは、必要な物が変わったりするので、捨てパトにも最適です。
季節の変わり目も同じように、着るものや使うものが変わりますよね。

新しく物を増やしたときは、増やした分以上に手放す物がないかを探します。

私はこれらを繰り返すことで、スッキリした暮らしをキープできるようになりました。

今回のまとめ

今回は、お部屋の捨て活パトロールについてお話しました。

捨てパトした方は、よろしければTwitterやInstagramで #捨てパト とタグをつけて投稿してください。
2021年内に投稿した分は、確実に見に行きます!

捨てパトやります宣言も歓迎♪応援コメントつけにいきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました