玄関に出す靴は2足まで

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは『玄関のスッキリを保つ』です。

\ラジオでも聴けます/

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

玄関のマイルール

 私が玄関にいつも出しているのは、パッと履けるフラットパンプスです。

 他の靴を履いたときは、玄関で1日休めたらシューズボックスに収納するようにしています。

 だから玄関に出ている靴は、最大で2足まで。これを徹底しています。

 以前は1足だけにしていましたが、宅配便やちょっとした訪問があったときにはフラットパンプスがあったほうが便利なので、今のスタイルに変化しました。

良かったこと

 玄関に出しておく靴が少なくなって良かったことは、3つあります。

  • 玄関がスッキリする
  • お掃除がしやすい
  • 靴の汚れや傷みに気付きやすい

 1つ目は玄関がスッキリすること。同じ広さの玄関でも、出ている靴が少ないだけで広く感じます。

 2つ目はお掃除がしやすいこと。靴が出ていると、いちいち避けなければならないので手間がかかりますよね。それが無いだけで、気軽にお掃除できるようになりました。

 3つ目は靴の汚れや傷みに気づきやすくなったこと。シューズボックスにしまうと、床よりも高い位置に来るからか靴がよく見えるんです。そのおかげで、かかとの磨り減りや汚れ具合に目が行くようになりました。

出しておく靴を減らせた理由

 玄関に出しておく靴を減らせた理由は、靴自体の数を減らしたことが大きく影響しています。

 ミニマリストになる前は、玄関に靴をズラッと並べていました。靴がたくさんあるとシューズボックスに収まりきらなくて、収まったとしても取り出したりしまったりしづらくて、そのせいで出しっぱなしにすることが多かったように思います。

 シューズボックスの中の靴を減らすことで、玄関に置く靴も少なくできました。

うちの玄関に出ている物

 靴のほかで、今うちの玄関に出ている物は、来客用に立てた柱と、柱につけたフックとハンガー。たまにフックにトートバッグをかけることがあるくらいです。

 出かけるときに身につけるコートや帽子、傘なんかはすべてシューズラックの中に収納しました。

 アートのひとつくらいは飾ってもいいかなと思い始めていますが。床に置く物はなるべく今くらいの量をキープしようと思っています。

 ものぐさな私でもできる、玄関のスッキリを保つコツでした。

まとめ

 今回のテーマ『玄関のスッキリを保つ』に沿って、私が玄関に設けているルールと、うちの玄関に出ている物のことをお話しました。

 玄関はお客様はもちろんのこと、出かけて帰ってきた自分を迎えてくれる場所。玄関がスッキリしていると、お家に帰ってくるのが楽しくなるのではないでしょうか。

 玄関のお片付けをするモチベーションにつながったのなら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました