「いま」着たい服に入れ替える

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約4分で読めます。

『エレガントな終活』に、こんな言葉がありました。

「いつか」ではなく、「いま」着たい服を

エレガントな終活 37ページ

春のワードローブを着てみて違和感があったので、「いま」着たい服に入れ替えることにしました。

前回選んだ春のワードローブ

  1. 春秋シャツワンピース(ライトグレー)
  2. コーデュロイワンピース(ホワイト)
  3. プリーツスカート(グレイッシュピンク)
  4. プリーツスカート(ホワイト)
  5. カットソー(ホワイト)
  6. レースカットソー(ホワイト)
  7. タートルネックシャツ(ホワイト)×3

入れ替えることにした服

  1. 春秋シャツワンピース(ライトグレー)
  2. コーデュロイワンピース(ホワイト)→手放す
  3. プリーツスカート(グレイッシュピンク)
  4. プリーツスカート(ホワイト)
  5. カットソー(ホワイト)→待機
  6. レースカットソー(ホワイト)→待機
  7. タートルネックシャツ(ホワイト)×3

2のコーデュロイワンピースは、今着てみたらシルエットがしっくり来ませんでした。
もっとゆったりした形を、袖をまくったりして着たい気分です。

5と6のカットソーは、北海道の気温と自分の寒がりっぷりをなめていました。
春に着るにはまだ早かったです。(4月11日現在)
なので初夏くらいからワードローブに入れようと思いました。

新しく入れた服

コットンパンツ(購入)

UNIQLOのメンズ商品で、コットンリラックスアンクルパンツ、08DARK GRAYのSサイズ。

これを買った一番の理由はGWに作業着が必要な仕事があるからです。
UNIQLOで黒っぽいパンツをかたっぱしから履いてみて、これが一番似合うと思いました。

コットンでシャカシャカした素材が肉感を拾わないのと、メンズでゆったりしたシルエットなので腰の張りが目立たない気がします。

あと色!

↓これでいう「色あせた黒」に近いニュアンスが良かったんじゃないかと。

パーカー(購入)

寒さとしては冬ニットでも良いくらいの気温の日もあるのですが、それだと季節感がないのでパーカーを買い足しました。

UNIQLOのウルトラストレッチドライスウェットプルパーカ、05GRAYのMサイズです。

先程のコットンパンツを試着したとき、パーカーを買う気はありませんでした。
トップスとのコーディネートを見るため、適当に手にとったのがこのパーカーのオフホワイト。
ですが着てみて、パーカーや前身頃のふんわりしたシルエットに感動。

作業着と考えると汚れが目立たないほうが良いと思い、グレーにしました。

Tシャツ(昨年購入)

これは昨年GUで購入した、メンズ商品のルーズフィットT5分袖・BLACKのSサイズ。

カットソーよりも、タートルネックの上に重ね着できるほうが寒暖差を調整しやすかったです。

これの白も持っていましたが、煤けてきたので昨年の夏の終りに手放しました。
黒は長く着やすいですね。(物にもよりますが)

孫と公園に遊びに行くときに重宝しています。
白い服だと何かと汚れるので。

↓結果、こうなりました。

お手頃価格で買えるありがたさ

それにしても、新たに入れた服が3枚ともUNIQLO・GUの物。
お手頃価格で揃えられるのはとてもありがたいです。

作業着はヘタすると1日でキズ物にしてしまいますし、孫と遊ぶ時も泥がついたって笑っていられます。
(1万円を越えると、汚すのが怖くなる小市民)

「いま」着たい服

好みや気温や行動の変化と同時に、着たい服もどんどん変わっていきます。
たまにワードローブを見直して、「いま」に照準を合わせていこうと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました