介護脱毛のクリニックを決めました

終活のこと
この記事は約4分で読めます。

先日、介護脱毛を検討中だと書いたところ…

その反響として、介護脱毛の体験談やVIO脱毛に関するさまざま情報をいただきました。親身になってお考えくださったり、貴重な体験談をお聞かせいただいたり。とてもありがたかったです!

おかげさまで様々な視点から検証することができ、行う決心がつきました。今は脱毛クリニックとの手続きを進めているところです。

私がする介護脱毛とは

介護脱毛とは介護されるかもしれない将来を想定し、あらかじめアンダーヘアをVIO脱毛しておく介護に向けた準備の総称。まだまだ現役世代である40代、50代の女性を中心に人気が高まっています。

【皮膚科医が解説】介護脱毛の必要性とメリット・デメリット~介護される側になる前に「介護脱毛」を知ろう |広尾プライム皮膚科

自分を美しく見せる脱毛とはまた違ったもので、介護する相手を思いやって行う脱毛。Vはビキニライン、Iは陰部の両側、Oは肛門周辺のアンダーヘアを指しています。

美容のためのVIO脱毛は形を整えたり毛量を減らしたりするもの。ですが介護を目的とした場合は基本的にハイジニーナという毛のない状態を目指します。

このクリニックを選んだ理由

私が選んだのは、フレイアクリニックというところ。私がカウンセリングを受けたのは札幌ですが、新宿・銀座・表参道・上野・横浜・大阪梅田・名古屋・福岡天神・沖縄那覇にもあるようです。

全身プラスVIO訴求LP

私が通えそうな範囲の医療脱毛を行っているクリニックをウェブで比較し、2店に絞り込んでカウンセリングを受けてきました。

クリニックを選ぶにあたって優先していった順に理由を並べてみます。

  • 通いやすい場所であること
  • クリニックの雰囲気が良いこと
  • 医療脱毛であること
  • ウブ毛にも効くこと(蓄熱式?)
  • 施術が余った場合の返金がある

まず1ヶ月半〜2ヶ月に1回通うことを考えると、うちから日帰りできる距離にあるのが第一条件でした。関東圏には北海道とは比べ物にならないくらいたくさんのクリニックがあるようですが、まずは自分が住んでいる都市で。

そしてクリニック全体の空気とお医者様やご担当者さんや看護師さんたちの雰囲気が合うこと。どんなに理論的に条件が良くても、ここが合わないと通うのがしんどくなりそうだったので。特に今回はVIO脱毛というデリケートな場所を見せることになるので、余計に慎重になりました。(ちなみに今回選ばなかった方のクリニックも感じが良かったですよ)

サロンで脱毛する場合、エステ脱毛と医療脱毛があります。医療脱毛を選んだ理由は効果が強力だから。私は脇をエステ脱毛、全身を家庭用脱毛器で脱毛しています。そんな中で腕や足と比べてVIOの毛手強さを感じていたのです。美容のためのVIO脱毛なら薄くなる程度でも良いケースがありますが、介護となると目指すところはつるつるなので。

なのでウブ毛にも効きやすい蓄熱式というのもポイントになりました。

あとフレイアクリニックは5回と8回コースがあるのですが、実際に施術してみなければ何回でつるつるになるかはわかりません。VIOをつるつるにするなら8〜10回はかかると思っておいたほうが良いというのは事前調査で知っていましたが、家庭用脱毛器を当てていた私はもしかしたら少ない回数で終わる可能性もあると思いました。そうなるとあまった施術分がもったいない。

そう考えていたら、ご担当者さんが「あまった回数分は2年以内でしたら返金できます」とおっしゃるのです。ということは、5回コースで5回行うより、8回コースにしておいて5回行うと割安に。

あとこれは私はそれほど重要視しませんでしたが、人によっては安心と思った理由がひとつ。生理中の施術は行わないというクリニックが多々ある中、タンポンを入れれば行えるというお返事でした。もちろん生理前後は肌が不安定なので脱毛しないに越したことはないのですが、どうしてもその日しか予約できないという場合もありますものね。

脱毛に関して役立った動画

Twitterでblessuさんにお教えいただいた「のべちゃん」さんのVIO脱毛動画が、デリケートな部分の脱毛の不安を払拭するのにとても役立ちました。(2倍速で全部拝見しました。ありがとうございます!)

【参考】のべちゃんねる VIO 脱毛 – YouTube

介護脱毛の情報交換がしたい

今後を施術を受けてみて、またブログに書きたいと思っています。

介護脱毛やVIO脱毛ご経験者さんがいらっしゃったら、コメントやTwitterで情報交換がしたいです。

ということで、今回は介護脱毛を決めた理由をご紹介しました。ご興味ある方の参考になったのなら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました