こんにちは。暮らしを楽しむヒント集「魔法使いのシンプルライフ」エリサです。

 

先日「今日はヒトデ祭りだぞ!」のヒトデさんのブログを読んでいて、こんな言葉に出会いました。

 

「服装に悩む」「買い物で悩む」と言う事は僕にとって結構楽しかったりする

【書評】ぼくたちにもうモノは必要ない。【ミニマリスト】 - 今日はヒトデ祭りだぞ!

 

共感。

 

ストイックなミニマリストに憧れたりもした

  • オシャレしたいという欲を捨てる
  • 10年同じ服装をし続ける
  • 服のことに時間を使わないために制服化

こういうミニマリストの方たちを拝見し、ストイックな人が好きな私は「かっこいいなー」と憧れたりもしました。

 

でも自分がやってみたら、どんどん人生が楽しくなくなったのです。

そこで気がつきました。

「私にとって、オシャレのことを考えるのは楽しい時間だったんだ」と。

 

 

とことん減らしてみたから気がついた

もし私がミニマリズムに出会わず、とことん服を減らさず、服を買わない生活をしてみる実験をしなかったら。

きっと「私にとってオシャレは娯楽」ということを、はっきり認識しなかったと思います。

とても意義のある時間でした。

 

そして私はたまたまこういう結果になったけれど、人によっては「服のことを考える時間が減る」のがしあわせという人もいると思います。

 

ミニマリズムのカタチは人それぞれ。

 

ファッションを楽しみながら管理をラクにする

そんな私の現在のお洋服管理方法は下記のとおり。

  • 所持は20枚前後
  • 季節や消耗度で随時入れ替え
  • 流行も取り入れる

f:id:erisalife:20151203171517j:plain

 

所持数20枚前後というのは1年かけて安定させた枚数です。

パジャマ・肌着・コート類も入れてこの枚数で十分。

これ以上になると、死蔵する服が出てきます。

 

枚数が少ないので、ワンシーズンでくたびれる服が出てきます。

私はこれをメリットと思うようになりました。

くたびれてくれるから、新しいものに入れ替えられる。

(くたびれなくても売って入れ替えることもありますが)

ワンシーズンで着倒す前提でプチプラを楽しむこともできるし、ワンシーズンで売ることを前提に人気ブランドを楽しむこともできます。

 

5年10年スパンで服を選んでいたら、流行りのものは買えません。

でも入れ替えという方式を取り入れたら、流行りものも楽しめるようになりました。

 

何を手放し、何を楽しむか

モノやコトで、自分にとって不要なものをとことん減らすこと。

そうすると、自分にとって楽しいこと・意義のあることにお金や時間をたっぷり使えます。

ときには選択を間違うこともあるけれど、やってみたから気づける。

 

ミニマリズムに出会って良かったなーと、この出来事を通して思いました。

 

私の体験談、参考になったらうれしいです。

 

いろんなミニマリストに出会えるコミュニティ10選

  1. 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
  2. 少ないモノで暮らす
  3. 少ない服で着回す
  4. 持たない暮らし
  5. ミニマリストの持ち物
  6. シンプルな道具たち
  7. シンプルで豊かな暮らし
  8. 使い切る。使い切った。捨てた。
  9. 捨てても、大丈夫だったもの。
  10. ミニマリストになりたい

30min