ミニマリスト絵本『おくりものはナンニモナイ』

スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約2分で読めます。

なんでももってる ともだちを よろこばせるものってなんだろう?

おくりものはナンニモナイ 表紙裏より

1行でわかる本の内容

なんでも持ってる友達を喜ばせるため、主人公ムーチが見つけた贈り物。

グッときた言葉

「たのしんだ、ナンニモナイを。」

楽しめちゃうんですね!

「ナンニモナイ」と「ぜんぶある」は、もしかしたら同じなのかもしれません。

昨日ご紹介した本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」にあった、「幸せに『なる』のではなく『感じる』」にも通じます。

「ナイ」ことも「ある」ことも、楽しめる。

楽しいことがあるから、楽しいのではないんですね。

楽しむから、楽しい。

この本は誰におすすめ?

  • ミニマリストの人
  • 長い文章に疲れた人
  • 人を思いやる気持ちをお子さんに伝えたい人

すべてひらかなで書かれているので、お子さんでも読むことができます。

でもこの本、大人が読むとかなり深い。

谷川俊太郎さんのリズムある言葉でつづられているので、静かな夜のひとときをこの本で過ごしてみて欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました