ファッションは、ダイエットより、メイクよりも「明日からすぐ」見た目を変えることができます。-8ページより

 

本題:いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える

著者:山本 あきこさん

 

3行でわかる本の内容

人気スタイリストの著者が提唱する「おしゃれに見える7つのルール」。

カラー写真の具体例が豊富で、わかりやすいです。

おしゃれに見せる法則も書いてあり、幅広く生かせそう。

 

私が注目した3つの言葉

1.「きれいめ」と「カジュアル」。そのどちらかだけでコーディネートするのではなく、どこかに、逆の要素を組み合わせる。-24ページ

これによって「抜け感」が出るのですね。

この「逆の要素を組み合わせる」というのは、テイストだけではなく、柄や色にも生かせるようで、覚えておくと便利だと思いました。

 

2.カジュアルテイストとミックスできない日は、「ハデ色を入れる」-29ページ

これ、目からうろこが落ちました。

カジュアルにできない日はどうしたらいいの〜と思ってましたが、色の力を借りると良いのですね。

 

3.「うっかり見えてもおしゃれな女」インナーは絶対グレー!-147ページ

これを読んで、薄いグレーの肌着の株が私の中で急上昇。

確かに白だと下着感が強いし、黒だと色に影響するし、ベージュはおばさんぽいし(おばさんだけど)。

そこで活躍するのがグレーだったとは。

 

この本から取り入れたいこと

「抜け感」の出し方を取り入れてみたいと思いました。

「カジュアルな服にはヒール靴、かっちり服にはスニーカー」というような、わかりやすい具体例がたくさん書いてあります。

柄・色・上下の合わせ方など、どれかひとつをハズしアイテムにする方法、やりやすそう。

 

この本は誰におすすめ?

「おしゃれの型」ともいえる具体的な提案の仕方なので、センスに自信のない人にも即効性があるのではないかと思います。
また、「モテ」という言葉も多く使われていたのも特徴だと思います。

  • センスに自信のない人
  • 個性を出すよりおしゃれに見せることが重要な人
  • なんだか垢抜けないことが悩みの人
  • 骨格診断ウェーブタイプ、ストレートタイプの人
  • モテ系ファッションを知りたい人

 

▽クローゼット診断もおすすめ!

erisaslife.net

 

▽私の本ももうすぐ発売です!