40代ひとり暮らし女性のモーニングルーティン

スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

昔は憂鬱な気持ちで朝を迎えていました。

今は爽やかに目覚めてシャキシャキ動いてます。

そんな私のモーニングルーティンを書きました。

お手洗いへ

まず夜の間に溜まったものを出します。

このとき、お小水の量や色や出方で大体の体調を判断。

ニオイやおりものの状態もチェックします。

体組成計の出番

パジャマを脱いで下着だけになり、体組成計に乗ります。

↓私が使ってるのはこちら。

アプリと連動することができます。

自動で体重・体脂肪率・筋肉量などがグラフになるので便利。

グラフ
計測一覧

ついでに全身鏡で体型(目をそらしたい現実)をチェック。

↓私が使っているミラー。

軽いのでひとりでも気軽に動かせます。

しかも割れない鏡なので安心。

ただキズが付きやすいのは弱点です。

4年使ったらボロっとしてきました。

服を着る

着るものは5秒で決まります。

私服の制服化(定番化)をしていると、選択が早い!

↓私の夏服一覧はこちら。

※ピンクのTシャツは白に入れ替えました。

歯みがきタイム

軽く歯みがきをします。

歯ぐきやノドの状態でも、体調がわかることが。

↓リピート購入してる歯ブラシ。

コンタクトレンズを入れる

夜にしっかり洗顔した翌朝は、顔を洗いません。

皮脂は天然の美容液。

目元だけぬるま水で流し、コンタクトレンズを装着。

そのあと目の周りにシワ改善クリームを塗ります。

笑ったときの目尻のシワが気になるので。

↓リピート購入してるシリーズ。

YouTubeを流す

音だけでも内容のわかるYouTubeを流します。

本解説チャンネルや好きな曲など、気分に合わせて選択。

家のあちこちに移動しながら聞くため、イヤホンを装着します。

↓コンパクトさが気に入ってるイヤホン。

ぬるい水を飲む

蛇口からお水をジャーっと出して、ぬるめの水を飲みます。

そうそう、朝は冷たい水を飲むとお通じが良くなると聞きました。

ですが私は胃腸を冷やさないほうが調子良いので、ぬるま水で。

植物の水やり

土が乾いた鉢を中心に水やり。

葉には霧吹きで水をかけます。

新しい芽を発見したときの喜びはひとしお。

傷んでるところを見つけたときは罪悪感。

キッチンの片付け

前夜に洗って水切りタオルに乗せておいた食器。

朝には乾いているので、吊り戸棚に収納します。

このとき、豆乳の空き容器を畳んだり、納豆のパックをゴミ袋に入れたりも。

丁寧な暮らしをする人なら、夜のうちに拭いてしまいそう。

でも私は、抜けるところは手抜きする派です。

床掃除する

朝に床掃除をすると、そのあと気持ちよく過ごせます!

しない日もあるけれど。(やりたいときにする)

↓愛用のシリコンホウキ。

排水口のゴミ取り

バスルーム排水口のゴミ取りをします。

朝になるとゴミも乾いているから、取りやすいんです。

精神的にも、物理的にも。

ゴミ出し

ゴミの日であればゴミ出しに行きます。

ちなみに、あなたは燃やせるゴミってどのくらいの量が出ますか?

私は1週間に1回5L程度です。

娘と孫2人が来ていたときは、1週間で20L以上になっていました。

紙おむつってかさばりますね。

やることリストを見る

パソコンで、今日のやることリストを確認します。

リストはApple標準のリマインダーを活用。

日にち設定や繰り返し設定ができるので便利です。

iPhoneとの連携がスムーズなのも良い。

今まで様々なToDo管理ソフトやアプリを試しましたが、これが一番続いてます。

ちなみに朝一番のパソコン作業は、スタンディングデスクにします。

一旦座ると、しばらく座りっぱなしになってしまうので。

↓愛用のスタンディングデスク。

朝ごはん

食欲がないときは、果物・野菜やナッツで軽めに済ませたり。

お腹がペコペコのときは、納豆ご飯や玉子焼きなどを食べます。

時間だから食べるのではなく、お腹が空いたら食べる方式。

以上、私のモーニングルーティンをご紹介しました。

いつもと同じような朝を迎えられるのって、当たり前じゃないです。

屋根と壁があること。
お水が飲めること。
ご飯が食べられること。

『日常』と呼べる日々に感謝して、今日を過ごしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました