失くしても良い傘を持つ

スポンサーリンク
買ってよかった
この記事は約1分で読めます。

「良い傘を持てば、失くさない」って話を聞いたことがあります。

お気に入りの高級な傘だと、失くさないように気をつけそうですね。

でも私は反対に、失くしても良い傘を持つようにしています。

傘の美学

傘がないことで自分よりも困っている人がいた時。
迷わず差し上げられる傘を持っていたいんです。

もし自分にとって「これ以上の傘には出会えない」「また同じ傘を買うのはふところが痛い」と思うような傘だったら。

一瞬のちゅうちょが生まれそう。

だから 「いざというとき気軽に人にあげられない傘は持たない」 というのが私の美学です。

↓とても気に入っているけれど、「また買えば良いや」と思える傘。

↓軽量で遮光なのが気に入っています。(私と同じ柄はなくなってました)


コメント

タイトルとURLをコピーしました