料理がラクになった愛用グッズ

スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。
ブルーベリーを食べたあとは体調不良に見られがちなエリサです。
くちびる真っ青。

料理をなるべくラクしたい派の私から
愛用中のみじん切り器をご紹介します。

ニトリのを選んだ理由

100均や300円ショップでも
ひっぱり式みじん切り器が売られていましたが
それよりもちょっと大きめ。

高さは14cmで刃が5枚ついています。

玉ねぎ1個分や大根10cm分を入れても
まだ余裕があります。

ニトリではSとMの2サイズ売られています。

Sサイズ・高さ9.5cmのほうは
薬味や少量のみじん切りを推奨されていました。

電動より手動の理由

電動タイプを使っていたこともありましたが
プラグを抜き差ししてコートをさばく手間よりも
手動でひっぱるほうが私はラクでした。

手動でもさほど手は疲れません。

最初だけわずかにチカラが要りますが
あとは流れに乗って軽く動きます。

玉ねぎの粗いみじん切りなら
5回くらいひっぱったらできました。

洗うときの注意

分解した状態

↓これが商品付属の説明書です。

↓下の方をよく見てみると…

カバーは水洗い禁止になっています。

一応フタに穴は空いているものの
水が出づらい構造なのでしょうか。

水洗いできないのは不便だと思いました。

ただ他のショップで購入できるチョッパーも
水洗い禁止になっていたり
明言されてないだけだったりするものもあるようなので
ひっぱり式の宿命なのかもしれません。

ウェットティッシュで拭き取るのが
やりやすいお手入れ方法だと思いました。
私は故障覚悟でザーッと水洗いしちゃってますけどね…

料理がはかどる

このみじん切り器を手に入れてから
よく万能そぼろを作っています。

レンジでさくっと作れる「万能そぼろ」が夏休みの昼ご飯問題を救う! – レタスクラブ

私は長ネギとショウガを倍量にし
お肉を倍量にする代わりにおからを加えて
アレンジしています。

調味料も好みに合わせて適当に。

みじん切り器のおかげで
調理ハードルが下がりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました