アートのある暮らし

スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。
鳥を描いたらブタに間違えられたエリサです。

一時期あだ名が「画伯」でした。

今回はアートにまつわるお話しです。

アートを描く

100円ショップでキャンバスを買い
(300円だったけれど)
白いペンキで線を引きました。

冒頭にも描いたように
イラストは苦手ですが
このやり方なら絵心無くても楽しめます。

巨匠のアートも良いですが
オリジナルのアートは
会話の糸口にもなりますよ。

↓他に作った物はこちらに載せています。

アートを飾る

写真左下のポスターは
自分でデザインして
印刷通販に発注しました。

クリスマスはツリー
お正月は鏡餅と
季節やイベントごとに変えたりして。

当時はIllustratorを使ってましたが
今はデザインしたいものがあれば
Canvaというアプリで済ませています。

アートのサービス

魅力的なアートのサービスを見つけました。

多種多様なアーティストさんの作品から選べるだけではなく
自分の絵や写真を額装してもらえるんです。

子どもが描いたイラストだって
重厚な額に入れたら立派なアートに。

旅の記念写真を飾るのも楽しそう。

さらに自分の作品を出品して
公開販売することもできるようです。

Artgene(アートジーン)|オンライン完結型の本格アート額装サービス

アートのある暮らし

汚部屋だった頃
アートは遠い存在でした。

飾るよりもまず
掃除や片付けが必要でしたから。

それでも無理やり飾ってみると
額縁の上にホコリが溜まったりして、、

だからアートを取り入れるのは
物をとことん減らしたからこそできる
贅沢な暮らしだと思っています。

例えそれが高価なものではないとしても。

コメント

タイトルとURLをコピーしました