家の前の道路の雪が溶けて地面が見えてきたと思ったら、また雪が降って白い景色に逆戻り。
でもストーブをつけなくても良い日が増えてきたことで、春の訪れが近いことをほんのり感じています。

店頭にも春物が並び始めましたね。
私もさっそく、春物を揃えてきました!


2017春物m

てろんとした素材のロングシャツワンピース、アシンメトリーデザインのラップスカート、アイロン要らずの白シャツ



ワードローブの快適な数を知る

特別ワードローブの数を制限してるわけではないけれど、私は20着前後が管理しやすくてちょうどよいと感じています。

この数はライフスタイルや好みなどで人それぞれ違うでしょうが、「自分の快適量を把握している」というのは大切なことだと思っています。



1in1outの実践

服が管理しきれないと感じていたときは、1in2outを心がけていました。
その甲斐あって、今は1in1outで大丈夫です。

新しく3着が増えたので、下記の3着を手放すことにしました。
  1. 赤いロングカーディガン
  2. 黒いジョガーパンツ
  3. 綿の白シャツ



手放す理由を明確にしておく

これは著書「トランクひとつのモノで暮らす」にも書いたのですが、服を手放すときに理由をメモしておくと、次の買い物に生かせます。

ということで、書き出してみました。
カーディガンは今季の定番服として大活躍してくれました。
その分、表面が少し毛羽立ってきた感じです。
プチプラで元々ワンシーズン限定で活用するつもりだったので、このまま着倒します。

ジョガーパンツは、夏に薄い素材のジョガーパンツが大活躍したので冬素材のものを購入して使ってみたのですが、素足がちらりと見える季節だからこそ私に似合う形だったと感じています。
他がもこもこするからこそ、冬のパンツスタイルは細いラインのほうが良いみたい。

シャツはだいぶくたびれてきたので、ウエスにして手放す予定です。

太字のところが、ポイントです。



春物衣料に心惹かれるこの季節。
ミニマリスト流ワードローブ管理術が参考になれば幸いです。