使い切る暮らし

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは「使い切る暮らし」。

\ラジオでも聴けます/
Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

使い切れない物

 私がミニマリストになる前に、使い切らず放置しがちだった物を挙げてみます。

普段使わない調味料

 1〜2回使ったら忘れてしまい、気づいたら消費期限が切れてることがよくありました。

専用系洗剤

 使う頻度が低い、靴専用やパフ・スポンジ専用洗剤などは、いつまで経っても無くならなくて持て余しがちです。

新作買いがちな歯みがき粉

 新しい物を買うと、そちらばかり使ってしまうので、古い方の出番がなくなることがありました。

効能豊富な洗顔フォーム

 「毛穴の汚れを落とす」「潤いを保つ」などの宣伝を見ては欲しくなり、使い切る前に次のを買ってしまうことが多かったです。結果、古いのが残る。

片割れのなくなったコンディショナー

 シャンプーを先に使い切ってしまい、次に買うのは別の商品を選んでセットで買うというのを繰り返していたら、コンディショナーばかり溜まっていきました。

使い切る工夫

 今はこれらを使い切るために、こんな工夫をしています。

 調味料はよく使うものだけを常備して、それ以外を買うときは小さいパックにするか、使い切るまで同じメニューを作ったりします。

 例えば麻婆豆腐を作るときに使う豆板醤は、私にとって使い切れなくなりがちなものでした。だから今は割り切って、麻婆豆腐の元を買ってきて作っています。シーザーサラダドレッシングを買ったときは、野菜をレタス、白菜、キャベツ、ブロッコリーと変化させながら、ドレッシングがなくなるまで毎日食べます。

 お料理の得意な人なら調味料をうまく使いこなせるのかもしれませんが、私はニガテなので、ここは割り切っています。

 洗剤や石けんは、食器にも掃除にも体を洗うのにも使える万能洗剤を1本用意することで解決しました。どうしても専用洗剤じゃないと不便なときだけ、買い足しています。万能洗剤が幅広くカバーしてくれているおかげで洗剤を減らせて、使い切れない物も減りました。

 歯みがき粉や洗顔フォームは、新しい物を使いたくなってもぐっとこらえて、とにかく古い方から使い切るようにしています。

 シャンプーとコンディショナーのどちらかが余る問題は、オールインワンシャンプーを使ったことで解決しました。オールインワンシャンプーなら1本で済むので、いろいろな種類を試しても、余るものがありません。

 私が使い切るために行っている工夫をまとめると

  • 小さいサイズを買う
  • 使い切るまで次のを使わない
  • オールマイティもしくはオールインワンタイプの商品を使う

という感じです。

使わないなら手放そう

 私は持ち物を減らしてから、物を使い切ることの喜びを感じるようになりました。

 使い切る暮らし、やってみませんか?

 家の中をチェックして、今のペースだと使いきれないと感じる物があったら、ぜひこの機会に使ってみてください。

 もしそれでも使い切れそうになかったり、使いたいと思えないなら、それは潔く手放したほうが良い物ではないでしょうか。

まとめ

 ということで今回は、

  • 使い切れない物
  • 使い切る工夫
  • 使わないなら手放そう

という内容のお話をしました。

 暮らしを見直すきっかけになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました