やりかけを手放す

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

【Voicy】ラジオでも聴けます

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回のテーマは「やりかけを手放す」。

作りかけの編み物

 編み物って、大きな作品や複雑な編み方になると時間がかかりますから、日をまたいで、何日も、何週間もかけて作ることになります。

 そうすると最初のやる気が薄れていって、編みかけのまま放置してしまうこともあるのではないでしょうか。

 編み物に限らず、縫い物や工作なんかもそうですね。

 大作になるほど、長い時間気持ちを向けておく必要があります。

 だから作りかけのままで放置されることも多いと思いました。

 もし今改めて続きを作りたいと思うなら、今日から手を付けてみませんか?

 それか気持ちが完全に覚めてしまったなら、いつまでも放置せずに手放すのも、物に対する誠実な行動のひとつだと思いました。

読みかけで内容を忘れた本

 いつでも読書できればよいのですが、忙しくて泊まってしまうこともありますよね。

 あまりに時間が経つと内容を忘れてしまって、手が伸びづらくなることもあるのではないでしょうか。

 一度読んだことがあるページをまた読むのって、なんとなくムダな気がしますし。

 私はそうやって、読みかけの本を放置してしまうことがありました。

 でも今は「忘れた分だけ、また新鮮な気持ちで楽しむことができる!お得!」と考えて、思い切って最初から読むようにしています。

 あなたのおうちにもしも読みかけで放置している本があるなら、また読み始めませんか?

 もし気乗りしないのであれば、その本は手放しどきと判断していいと思います。

売ろうと思いつつ放置中の服

 売ろうと思いつつ放置している服はありませんか?

 …私は今あります。

 いくつかまとまってから、という考えもあるのですけどね。

 もしその服せいで着たい服を取り出しづらくなっていたり、自分が過ごすスペースが狭くなっているなら、この機会に手放しませんか。

 私もこの収録が終わったら、フリマアプリに出品するための写真撮りをしようと思います。

まだ一度も開いていない参考書

 買ったときは意欲にあふれていたのに、今はちっとも心が動かない…そんなこともあると思います。

 改めて、あなたの人生に本当に必要な勉強なのか、自分が望む仕事をするために必要な知識なのかを考えてみて、必要だと思うなら今日から1ページだけでも目を通してみてください。

 今となっては必要のない知識だったり、自分の人生に良い変化をもたらさないと思うなら、それはもう手放して良いかもしれません。

運動しようと思って買ったウェア

 形から入る気持ち、わかります。

 おしゃれなウェアやシューズがあったら、運動する気になりそうですものね。

 実際、それで動けることもあると思います。

 でももし、その作戦が失敗に終わっているなら、そのウェア手放したほうがいいのではないでしょうか。

 どうしても手放したくないと思うなら、今日袖を通して、スクワット30回でも散歩30分でも良いのでやりませんか?

 ということで今回は「やりかけを手放す」というテーマにそって

  • 作りかけの編み物
  • 読みかけのまま内容を忘れた本
  • 売ろうと思いつつ放置中の服
  • まだ一度も開いていない参考書
  • 運動しようと思って買ったウェア

の手放し基準についてお話しました。

 行動を起こすきっかけになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました