インテリアの気分転換!賃貸OKの壁紙DIY

スポンサーリンク
ライフスタイル
この記事は約3分で読めます。

日本全体のおうち時間が、きっと増えていますね。せっかくならインドアでできることを楽しみませんか。

ということで今回は私が過去に貼り替えた壁紙をご紹介します。

入居直後の壁紙

元の壁は赤茶色でした。これはこれで素敵ですが、私の作りたい部屋のイメージとは違いました。

賃貸の部屋選びで重視したのは「場所」でした。なぜなら場所は動かせないけど、壁紙なら自分で変えられるから。(賃貸でも使えるはがせる壁紙で)

なので貼り替え前提で入居したんです。

入居してすぐの頃

使った道具

最初の壁紙を買ってきた時についていたセットです。

↓ここのショップで買いました。

赤→木目調へ

初めてで要領が悪く、手足も床ものりでベタベタに。

それでも貼り終えて部屋を眺めたときの爽快感は最高でした!

この時の様子は動画にしています。

初めて貼った壁紙(木目調ホワイト)
ミニマリストの1LDK賃貸DIYチャレンジ|はがせる壁紙

木目調→ライトグレーへ

一番使った期間が短かった壁紙です。

限りなく白に近い淡いグレーにしたかったんです。でも貼ってみたらただの白い壁になりました。部屋が広く見えて良いんですけどね。

あと前回の木目調の上にそのまま貼ったところ、時間とともに端からぺろぺろと剥がれてきました。自己流で色々試しがちな私の失敗です。

ひとつ前の壁紙(グレイッシュホワイト)

ライトグレー→ニュアンスグレーへ

前回の色選びの失敗を活かすため、サンプルを取り寄せて壁にあてて検討。朝の日差し、作業用照明、間接照明などのパターンで壁紙の印象をチェックしました。

A4サイズのサンプルと実際に貼ったときでは印象が違います。サンプルの段階では理想とする状態より「ちょっと物足りないかな」と思うくらいでちょうどよくなりました。

でもですね、結局買ったのはサンプルがなかった壁紙なんです。単色に見えるのに絶妙な濃淡が入っていて、単調にならないデザイン。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

壁紙 輸入壁紙 rasch Vincenza
価格:10989円(税込、送料別) (2021/5/20時点)


ネットで見てどうしても試してみたいと思う壁紙があって、失敗覚悟で買いました。

結果、大満足!白が映えるグレーになりました。

現在の壁紙(品番:467208)

壁って広い面積を占めていますよね。だから一面の色味を少し変えるだけで雰囲気がガラッと変わります。

ということで、今回は私が使った壁紙をご紹介しました。

おうち時間を楽しむヒントになったなら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました