ADD(注意欠陥)とミニマリズム

スポンサーリンク
私のこと
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。
20年前『片づけられない女たち』が愛読書だったエリサです。

↓ADHD(注意欠陥多動性障害)本のパイオニア。

今回はADHD / ADDとミニマリズムの関係についてお話しします。

ADHD / ADDとは

ADHD(注意欠如・多動性障害あるいは注意欠陥・多動性障害)ADD(注意欠陥障害)とは

不注意と、過活動、衝動性を主症状とする障害です。不注意のみで過活動や衝動性がみられない場合は、ADD(注意欠陥障害)とも言います。

基本的には幼少期に起こる障がいであり、集中困難・過活動・不注意などの症状が通常12歳までに確認されることが診断には必要となります。ただし過活動や衝動性が顕著でないADD(注意欠陥障害)の場合、幼少期には周囲が気付かない場合もあります。

ADHD|心の風クリニック|船橋駅前と千葉駅前の心療内科・精神科

ADHDは子供の20人に1人
成人の40人に1人いるようです。

子どもの頃の私

私は子どもの頃
ADD(注意欠陥障害)の性質が強かったです。

※正式な診断は受けていません。

↓当時の思考や言動を元にしたWebテスト結果。

発達障害のスクリーニングテスト – あいち就労支援センター

大人になってからの私

30代以降には落ち着いたので
今の私を見てADDと感じる人は
少ないと思います。(たぶん)

自分の性質に悩んだ20代で
集中力を上げる方法や
忘れ物をしない工夫もしました。

ミニマリズムが役立った

物が多かった頃は
目に入る物に片っ端から注意を削がれ
作業を完了するのが困難でした。

  • 少ないと片付けられる
  • 見渡せると失くし物をしづらい
  • 注意力を削がれる原因が減る

ミニマリストになり
物を減らしたことでも
多くの問題が解決しました。

コンプレックスだった

片付けができないこと
時間軸が理解できないこと
うっかりが多すぎること
物事を完了できないこと
会話の内容が飛躍しすぎること

たくさんのコンプレックスがありました。

大人になったことで
自然と解消された性質もありますが

ミニマリズムに出会えたことで
救われた部分も多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました