f:id:erisalife:20151127112644j:plain

私がミニマリズムという暮らしで欠けさせたくないもの。それは、この美しさだ。-259ページより

 

本題:最小限主義。 「大きい」から「小さい」へ モノを捨て、はじまる“ミニマリズム"の暮らし

著者:沼畑 直樹さん

 

3行でわかる本の内容

著者が見つけた、暮らしの中でのミニマリズムの活かし方。

小さなことをていねいに感じることが、本当の豊かさにつながっていく。

清々しい生き方、という表現がぴったりきます。

 

ここからは、本を読んで特に影響を受けたこと・そのページをご紹介していきます。

 

「小さいほうがいい」という価値観

「小さい」ほうが、いい場合もある-51ページ

この章では、「小さくてもいい」ではなく「小さいのがいい」という価値観について書かれています。

 

私にとってミニマリズムという言葉は、その価値観を周囲の人達に伝えるのに役立ちました。

妥協や思い込みや思考の放棄からなる選択ではなく、しっかりと感じ考えて選んでいきたいと思います。

 

…自分の小さな身長も、いつか「これがいい」って思えたら良いな。

 

人間関係のミニマリズム

2.人ばかりを見ないで、自然と向き合う-88ページ

この章では、著者が出会った女優・工藤夕貴さんが、映画業界に携わる一方で農業をする理由が書かれています。

 

人が熾烈な争いを繰り広げる業界にいる人ほど、自然と向き合う時間がバランスをとってくれるのでしょうね。

 

心理学者アドラーの教えの中に、「人間の悩みはすべて対人関係」という言葉がありました。

偉大な自然と向き合うことは、悩みをミニマルにする効果的な方法かもしれません。

 

空は究極のしあわせのカタチ

3.幸福論をシンプルにミニマルにしていくと、最後に「空」が残った-202ページ

f:id:erisalife:20151127180540j:plain

 

これ、究極のしあわせのカタチだな、と思いました。

 

いつでも見上げれば見ることができる空。

その価値を感じられる感性さえ持てば、最高のアートを堪能できる。

 

この本から取り入れたいこと

この本に書いてあるのは、著者の沼畑さんが見つけたミニマリズム。

そこには「自分の目で見て、感じて、体験することでしか得られない価値」があふれています。

それをそのままマネするのではなく、自分の感性を発揮することで、自分なりのミニマリズムを見つけていきたいと思いました。

 

この本は誰におすすめ?

  • 家族で暮らす、ミニマリストになりたい人
  • 日々の暮らしにしあわせを見つけたい人
  • 家を持つミニマリストの暮らしを知りたい人

 

 

【追記】いつもマイナーチェンジ!の広野ヨウさんから、こんなコメントをいただきました。

 

たしかに御用達レベル!

沼畑さんと一緒にブログを書いてらっしゃる佐々木典士さんの本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -」とは別の視点からのミニマリズムのお話で、この二冊を合わせて読むのって意義がありそうです。

 

あと、佐々木典士さんファンの方にもおすすめかも、秘話がいっぱい。

 

いろんなミニマリストに出会えるコミュニティ10選

  1. 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
  2. 少ないモノで暮らす
  3. 少ない服で着回す
  4. 持たない暮らし
  5. ミニマリストの持ち物
  6. シンプルな道具たち
  7. シンプルで豊かな暮らし
  8. 使い切る。使い切った。捨てた。
  9. 捨てても、大丈夫だったもの。
  10. ミニマリストになりたい

30min(読書時間抜かして)