キッチンすっきり!保存容器の減らし方

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
ミニマリストの持ち物
この記事は約2分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 タッパーに代表される保存容器。

 つくりすぎたおかずを入れたり、人におすそ分けしたりと便利。

 だからこそ増えていきやすくもあります。

 キッチンをスッキリさせるためには、保存容器の管理が重要だと思いました。

手放す保存容器の基準

 こんな状態になったら潔くポイです。

  • ゆがみ
  • キズ
  • 黄ばみ
  • ニオイ
  • ヒビ

残った保存容器

 残ったのはこんな保存容器でした。

  • フタの開け閉めに力がいらない
  • 1人前が1〜2食分入るサイズ
  • そのままレンジにかけられる

 これは普段は一人、たまに2〜4人で食べることのある私の場合の結果です。

 暮らしに合わせて最適な条件は変わりますね。

形を揃えよう

 私が今使っているのは、こちらの2種類。

 プラスチック製の角型500mlを4つとガラス製の丸形800mlを2つ。

 同じ形で揃えると、重ねられるので場所をとりません。

 丸形はフタを外せば食器のようにそのまま食卓に置いても違和感ナシ。

【Voicy】ラジオで聴けます

 余分な保存容器を手放して、使いやすいものだけ残していけるといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました