私がトイレに置かない3つの物

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴8年
・著書が4カ国で出版
・エンディングノート講師
・北海道で一人暮らし
・40代でおばあちゃんに

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約3分で読めます。

 こんにちは。ミニマリストエリサです。

 今回は、私がトイレに置かない3つの物と、その理由をお話していきます。

\ラジオでも聴けます/

Voicyアカウントを作ってフォローすると、配信通知が届きます。

トイレブラシ

 まず1つ目は、トイレブラシ。

 ブラシの先を清潔に保つのはかなり難しいと思っています。素手で触るわけではありませんが、菌が繁殖してる物が家の中にあるのは結構ストレスでした。

 でもトイレブラシが無いと、便器の中のお掃除がしづらいですよね。

 そこで役立ったのは、スクラビングバブルの超強力トイレクリーナーでした。フチの裏にぐるっと1周回しかけてしばらく置いてから水を流すだけで、水垢やリング汚れなども落とせます。

 他のトイレ洗剤で超強力とうたわれていた物も使ってみましたが、スクラビングバブルのほうがよく落ちました。

 このクリーナーに出会う前は、使い捨てのビニール手袋を履いて手で便座の中を掃除する方法も試していましたが、私にはちょっとストレスでした。ストレスがあってもマメにお掃除するようなタイプではないので、結局お掃除回数が減ってしまったんです。

 その点この方法は、トイレブラシも手放せるし、便座の中もきれいに保てるし、ストレスが無くてきれいな状態を保てています。

便座カバー

 私がトイレに置かない物、2つ目は便座カバーです。

 これって元々は、便座に座ったときにヒヤッとしてしまうのを防ぐために作られたんだと思います。だけど今使っているトイレは便座の保温機能がついているし、トイレ自体もそこまで冷え込むことはないので、ヒヤッとすることはありません。

 トイレ事情が変わったなら、あえて使う必要は無いと判断しました。

 カバーがついていないほうが、マメに除菌スプレーをかけて掃除できるので清潔さを保ちやすいのも良かったです。

 カバーを毎日洗濯するのは手間に感じますが、便座にシュッとスプレーを掛けてティッシュで拭くだけなら毎日できます。トイレのたびに拭いてもさほど手間ではありません。

スリッパ

 私がトイレに置かない物、3つ目はスリッパです。

 トイレにスリッパがないことについてお話すると、賛否両論を呼びやすいアイテムでもあります。

 その理由として「不潔な感じがする」という声を見かけましたが、これは気分的な問題であって現実的には問題がないと私は思っています。

 床をマメに拭き掃除できていれば、清潔さは保てますからね。スリッパを清潔に保つか、床を清潔に保つかの違いではないでしょうか。

 ただ現実的にはそうであっても、気分的に気になる人がいるのは確か。身近に気になる人がいるならスリッパを用意する気持ちも持っています。幸い、私の家でトイレを利用する人は受け入れてくれているようなので、スリッパなしスタイルで過ごしています。

まとめ

 ということで今回は、私がトイレに置かない物と、その理由をお話ししました。

 私がミニマリストになった8年前は、トイレブラシや便座カバーやスリッパがないというと、結構いぶかられましたが、最近はそういうスタイルのお家も増えて、受け入れられるようになった感触があります。

 今回のお話が、トイレをスッキリさせ、お掃除しやすい環境を作るヒントになったのなら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました