マスクのうちに、歯のホワイトニング

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴7年
・2冊の本を出版
・元MENSAメンバー
・エンディングノート認定講師
・心理カウンセラー資格所有
・子ども3人、孫2人
・雪国一人暮らし

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】健康で美しく長生き
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、エリサです。

ずっとやりたかった歯のホワイトニング
やっとスタートしました。

歯列矯正が終わってから

30代からはじめた歯列矯正は
5年かかってやっと器具が外れました。

器具が外れないとホワイトニングができなかったので
念願叶って…という気持ちです。

↓歯列矯正についてはツイートでお話していました。

歯の神経がない

私は前歯2本の神経がありません。
神経がないと歯が黒くなってきます。

子どもの頃は歯磨きがキライだったので
そのせいで虫歯になったせいだと思っていましたが…

先日ホワイトニングのために行った歯医者さんのお話で
子どもの頃に転んだ影響かもしれない可能性が浮上。

たしか幼稚園〜小学校低学年くらいのとき
自転車の補助輪を初めて外して坂道を走ったら
盛大に転んで顔面から着地して気絶したことがあります。

もしかしたらそのときに歯の神経がダメージを受けたのかもしれません。

↓このときよりさらに黒くなってます。

ホワイトニングは3段階で

まず、黒くなった歯の漂白を開始。

次にデュアルホワイトニングといって
歯科医院で光を当てつつの施術と合わせて
自宅でのホワイトニングも同時に行います。

もし黒い歯の白さに満足行かない場合は
セラミックをかぶせる方法で対処することに。

保険の利くプラスチックの歯なら1本5,000円だそうですが
色が選べないし黄ばみやすいそうです。

色が合わせられるセラミックだと1本8万円!
一気に高くなります。

奇跡的にプラスチックと色が合うなら
たまに取り替える前提でそっちにしたいですが
色が合わなければ8万円コースです。。

マスクのうちに終わらせたい

マスクをするのが当たり前になってるうちに
ホワイトニングを完了できたらいいな、と思っています。

ある意味、今ってチャンスですよね。

歯列矯正もマスク時代だったなら
裏側じゃなくて表側に器具が見えるほうを選びました。
裏側に器具をつけるタイプの方が高かったんですよね。

歯列矯正した5年間はかなりしんどかったですが
してよかったと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました