片付け方

ライフスタイル

【読者さん参加企画】見せて!カバンの中身2021

すっかり暖かくなり、服装も軽い季節になりました。せっかくなのでカバンの中身も軽くしませんか? ということで、読者さん参加企画を行います。 参加条件 カバンの中身をスッキリさせたい人カバンの中身がスッキリしてる人 こ...
ライフスタイル

【読書感想】1分から始める! 魔法のかたづけ・収納術 どんな家でも本当にスッキリ

最近、片付け本の記事が続いているので、読んだものを見境なくご紹介していると思われてしまうのではないかと少々心配しております。 が、掲載するのをボツにした本がたくさんあるんですよ。 自分が面白いと思うポイントがないと読み続けられ...
ライフスタイル

【読書感想】なんで私の部屋、いつも知らぬ間にごちゃごちゃなの!? ② / スッキリの快感を体験する

前回は、本書のLesson1 散らかる理由のセルフチェックの回でした。今回は、Lesson2〜4からピックアップした言葉をまとめてご紹介。 スッキリの快感を体験し、片付け欲が湧いてきて、きれいな部屋をキープできるようになるお話しです...
ライフスタイル

【読書感想】なんで私の部屋、いつも知らぬ間にごちゃごちゃなの!?① / 部屋が散らかる理由のセルフチェック

元汚部屋だった私、最近片付け本をむさぼるように読んでいます。その中に「これは役立つ!」と楽しく読めた本がありました。 Amazonレビューではイマイチな評価になっていますが、読んでみなければわからないものですね。私にはヒントになる言...
終活のこと

【読書感想】老いる前の整理はじめます!

終活にふさわしい良い本を見つけました。グラフや写真がたっぷり。目で見て理解しやすいです。暮らしと「物」のリアルフォトブック。 老いる前の整理はじめます!posted with ヨメレバコンシューマーズ京都/西山尚幸 クリエイツかもが...
終活のこと

【捨て終活】思い出の品との向き合い方

使わないけど手放しづらい物、それが思い出の品。 向き合い方を考えてみました。 残す上限を決める 保管する空間やいざというときの処理費用が潤沢にある人なら気にしなくても良いと思います。けれど大抵のおうちでは、上限を決めてお...
ライフスタイル

【コミックエッセイ感想】「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら二度と散らからない部屋になりました

元・片付けられない人だった著者のなぎまゆさんのコミックエッセイ。プロローグから共感しかありませんでした。 「ちゃんとしなきゃ!」をやめたら 二度と散らからない部屋になりましたposted with ヨメレバなぎまゆ KADOKAWA...
ライフスタイル

片付けがラクになる物の許容量のはかり方

むかしむかしあるところに、服を脱ぎ散らかし読みかけの本や飲みかけのお茶を机に放置し鼻をかんだティッシュで床を埋め尽くしてしまうという女子高生がいました。 彼女は大人になって【ミニマリスト】というスキル身につけ、いつでも片付いた部屋を...
終活のこと

愛着の強い私がモノを手放せるようになった理由

今でこそ少ない物で暮らしていますが、元々は物への愛着が強くて手放せない性質でした。 どうして手放せるのようになったのか、過去をたどりながらお話したいと思います。 子どもの頃のエピソード 小学2年生くらいのことだったと思い...
終活のこと

終わりを見すえたモノ選び

物が足りなかった時代 何かを買うとき、手放すときのことまで考えますか? たぶん物が足りなかった時代は、考える必要はさほどなかったと思います。自分がいなくなったときは、きっと誰かが喜んで使ってくれたでしょうから。だから不要になっ...
ライフスタイル

元汚部屋だった私がやっていた7つの失敗

2003年頃 必死に物を減らしたとき 足の踏み場もないほどに部屋を散らかすのが日常でした。そんな私も今はラクしてきれいな状態を保てるように。 今回は、私が片付けができなかった頃にやっていた7つの失敗をお話します。 お片付...
ライフスタイル

私がやめた10の家事

こんにちは。元汚部屋のミニマリストです。 元々ズボラなので、ていねいな暮らしやマメな家事はできません。しようとしても続きません。 そんな私でも散らかりきらない状態を保てるようになりました。 手を抜くところは抜...
タイトルとURLをコピーしました