ライフスタイル

「もったいない」の転換!物の家賃を考える

「まだ使える物を捨てるのはもったいない」 持ち物を減らせない時にありがちな心の声を書いてみました。 でも『物の家賃』を考えると、そんな気持ちがふっとびます。 物の家賃の出し方 家賃÷㎡数(もしくは畳数)=1㎡で金額...
ライフスタイル

汚部屋時代に恐怖だった、突然の訪問

汚部屋だった頃、突然の訪問は恐怖でした。 前日に決まった訪問ですら、1日かけて必死に片付けても今の10倍散らかっていたと思います。 日頃は散らかった中で暮らしていても、人に見られるのは別格の恥ずかしさがありました。 ミニ...
ライフスタイル

「着る服がない!」を解決した3つの方法

毎朝、何を着ようか悩んでいたときがありました。 部屋には山のように服があるのに「服がない」を連呼して。 それを解決した理由をご紹介します。 1.服の数を減らした 服が200着以上あるときは「着る服がない」って言って...
終活のこと

終活に役立つ映画15選

エンディングノートを書いていると、手が止まってしまうことがあります。 人生の最期やいなくなったあとに自分がどんなことを思うのか、想像がつかなかったりして。 そんな状況を映画で疑似体験したら、終活がはかどるのではないかと思いまし...
ライフスタイル

ものぐさ流・お掃除トリガーを仕掛ける

汚れる場所を隠す仕組み。 あれって親切なようでいて、ものぐさにはブラックボックスになりがち。 だから、あえて見せるんです。 キッチンの排水口 お料理のときに流れた食材のくずを、ゴミ受けがキャッチ。ゴミが見えないよう...
ライフスタイル

汚部屋住人が部屋を片付けられるようになった、たった1つの理由

脱いだ服は抜け殻のように床に置かれ、机の上は積まれた本で勉強するスペースなんて無し、鼻をかんだティッシュをゴミ箱にシュートしたけれど外れて落ちたまま… それが10代までの私でした。 床なんて足の踏み場がないのが当たり前。掃除機...
役に立たない話

捨て活で狭い玄関が散らかっております…

部屋を片付けると、かえって散らかる時期ってありませんか? わが家は今がそのとき。 仕事のひとつに区切りをつけ、持ち物の入れ替えをしていたら… 玄関がこんな状態になりました。 プラゴミ、売るもの、ダンボール う...
ライフスタイル

インテリアの気分転換!賃貸OKの壁紙DIY

日本全体のおうち時間が、きっと増えていますね。せっかくならインドアでできることを楽しみませんか。 ということで今回は私が過去に貼り替えた壁紙をご紹介します。 入居直後の壁紙 元の壁は赤茶色でした。これはこれで素敵ですが、...
ライフスタイル

ヒールにサヨナラ!ミニマリストの春靴選び

身長が低いのでヒール靴を好んで履いていた20〜30代。40代になってからは靴選びが大きく変化しました。 2021年の春に活躍している靴をご紹介します。 パンプス 今一番履いている靴です。ほどよいポインテッドトゥな...
買ってよかった

買ってよかったもの【2021年上半期】

私が2021年上半期に買ったものの中から、大活躍している物を厳選してご紹介します。 乾燥機OKのバスタオル ふかふかではない質実剛健さ フェイスタオルサイズの8年タオルがとても良かったので、バスタオルも買いました。 ...
ライフスタイル

ニトリのボックスがシンデレラフィットした家具

↓こちらの写真をご覧ください。 コの字テーブルとボックスが、縦横ムダなくシンデレラフィットしました! 使ったグッズ ローテーブル 1年保証 ローテーブル 90 センターテーブル 大理石風 2点セット...
終活のこと

大切なものを手放すとき

とうとう白の魔法使いの衣装を手放します。 使わないけど大切だった 最後にステージで使ったのが確か2年前。数々の物を手放していく中で、使わないのに残すという貴重な存在でした。 結構場所を取りますし、掃除の時は除けな...
ライフスタイル

のぞき見!14名のカバンの中身(ミニマリスト関係多し)

人のカバンの中身って、気になりませんか? 1時間会話するよりも、持ち物を見るほうが性格や価値観が見える気がします。 先日募集したこちらの企画にご参加くださった方のカバンの中身を一挙公開します。 ※参加したのに掲載されてい...
買ってよかった

髪のきれいな知人が使っているシャンプー&トリートメント

50代でありながら髪がツヤツヤサラサラな知人。出会って以来、どんなお手入れをしているのか気になっていました。 髪にツヤがあると自然と若く見えますよね。年齢を聞いて驚きましたもの。 先日、秘密を教えていただくことが出来ました。 ...
ライフスタイル

【読書感想】love♥HOME Mariのブラック・ホワイトな収納&インテリア

モノトーンインテリアが好きな方は見ておいて損はありません。2013年に出版された本ではありますが、著者の考え方は古びることなく今の時代にも生かせます。 love HOMEposted with ヨメレバMari メディアファクトリー...
自己紹介

自分の名前が嫌いだった

子どもの頃、人と違うのは不安なことでした。 私の本名は、絵里沙と書きます。父が名付けてくれました。私の世代には珍しかった名前です。 おさるのかごやの呪い 幼稚園の頃、同年代のお友達はだいたい名前の最後に『こ』がつ...
終活のこと

終活絵本?子どもと生死をかんがえる

終活絵本というジャンルがあるなら、まさにこの本ではないでしょうか。 「こないだ おじいちゃんが しんじゃった」から始まる絵本。 心をゆるませて終活できそうです。 知った経緯 私が終活をしていることを知った方からメッ...
終活のこと

【観葉植物インテリア】家の中に自然をつくる

サボテンを枯らした日から「私には植物を育てられない」と避けて生きてきました。後から知りましたが、サボテンはお水をあげすぎて枯れることもあるんですね。当時中学生の私、加減をわかっていませんでした。 何度も枯らした それでも草花を...
ライフスタイル

【読書感想】時間がなくても心地よい住まいがつくれる 幸せなひとり暮らし

古道具や古家具が使われたお部屋を楽しめる本を見つけました。築32年というお部屋のダークカラーの床や壁が趣きを感じさせます。 時間がなくても心地よい住まいがつくれる 幸せなひとり暮らしposted with ヨメレバmido KADO...
終活のこと

【終活】知ってる?火葬よりもエコな『プロメッション』

これからの世界を生きる上で、エコロジカル=環境保全を重視する暮らしは避けて通れないと思っています。個人的な思想としてではなく、世の中の仕組みとして。 終活をする者として自分の最期のあるべき姿を考えていくうちに、この壁にぶつかりました...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました