40代が塗ると老けるコスメ

この記事を書いた人
エリサ
エリサ

・ミニマリスト歴7年
・2冊の本を出版
・元MENSAメンバー
・エンディングノート認定講師
・心理カウンセラー資格所有
・子ども3人、孫2人
・雪国一人暮らし

エリサをフォローする
スポンサーリンク
【終活】健康で美しく長生き
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。
ほうれい線がデフォルトになってきたエリサです。

今回は世にも恐ろしい
40代が塗ると老けるコスメのお話しです。

塗ると老けるコスメ

それは色の濃い口紅や
リップペンシル。

子どもの頃に憧れるコスメといえば
口紅が定番です。(たぶん)

なぜ憧れるのか?
それは大人っぽく見えるから。

そう…年齢よりも上に見えるんです!

リップペンシルで縁取りして
真っ赤な口紅をしっかり塗るメイク。

20代のときなら
妖艶なメイクになったかもしれません。

ですが40代がすると
老け見えメイクまっしぐらです。

じゃあどうするの?

塗ったら老ける
塗らないと顔色が悪く見える。

「じゃあどうすればいいの!」

そんな叫びが聞こえてきそうです。

改善策は↓この本に書いてました。

きちんとリップは老けるメイク

老けない人のシンプルメイク ルール30 68ページ

ポイントは『ぼかし塗り』。

流行のメイクがくっきりリップだったり
BAさんに「筆で塗るとキレイ」とオススメされても
40代以降は堪えてぼかし塗りです。

私はこの方法で
『メイクするとオバさんぽくなる』が
だいぶ軽減されました。

色をふんわりと乗せて
自然にぼかしたくちびるが
40代以降の美しさを彩ってくれます。

しなやかに変化する

若作りをするのでもなく
きれいを諦めるのでもなく。

年齢に合ったメイクをすると
輝きが増します。

自分の変化に合わせて
メイクも変えていくこと。

そんなしなやかさを
身につけていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました