物が多くてもできる部屋のスッキリを保つ3つの工夫

スポンサーリンク
【終活】部屋の片付け
この記事は約2分で読めます。

築35年の一軒家に住んでいた頃。
工房としても使っていたので、機材や道具や材料がいっぱいでした。
不特定多数の人が物を出し入れすることも多々。

そんな中で生まれた工夫は、ご家族暮らしの方の参考になるのではないかと思いました。

今回は、たくさんの物を複数人で使うお家に有効な工夫を3つご紹介します。

1.平面に置かない

とにかく床を空ける

吊るす、かける、押入れやクローゼットにしまうなど。
扉のない棚や床に置く物を減らすと、ホコリ掃除の時間が短縮できます。

棚や床に置いてあると、掃除機やホウキがけするたびに物を移動しなければならなくて。
1つや2つならまだしも、10個20個となると結構な時間がかかります。

物が多いお家ほど『平面に置かない』を心がけてみるとラクになるはず。

2.収納を流動的に

あえて仕切らず袋のまま

食材や日用品などは保管料が増えたり減ったりしますよね。
そういう物は流動的な収納がおすすめ。

袋のまま収納したり仕切りを可動式にしたりすると、物の量に合わせてムダなくしまえます。

3.ラベルをつける

たくさんの材料を管理していた

「お母さん、あれどこー!」
呼ばれるたびにかけつけるのは大変です。

複数の人が使う収納には、ラベルを貼ると安心。
探す時間も短縮できるし、しまうときにも間違えられません。

文字が読めない小さなお子さんの場合は、イラストや色分けでも良いですね。

以上、物が多いときにやってた3つの工夫、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました