【私服の制服化のヒント】ミニマリスト流 理想のワードローブリストのすすめ

【私服の制服化のヒント】ミニマリスト流 理想のワードローブリストのすすめ

ミニマリストファッション編、今回は理想のワードローブリストについてお話します。
私はこのリストを作ったことによって、ごちゃごちゃしていたワードローブがどんどん洗練されていくのを感じました。
理想のワードローブリスト作りは、こんな人におすすめです。
・ご自分のワードローブを眺めても気分が上がらない人
・服はたくさんあるのに着る服がないと思う人
・もっと自分なりのオシャレを追求したい人

一般的なオシャレの基準に従うならプロのスタイリストさんに頼るのが確実ですが、ライフスタイルや着心地などを含めた自分らしいワードローブを作るには、自分自身で向き合っていくのが一番だと思うのです。

■理想のワードローブリストの書き方は、ご自分に合った方法で構いません。
書き出すものは紙でもスマホのメモ帳でも良いですし、手描きのイラストが得意な方はスケッチブックに書いてもいいですし、ビジュアルイメージが湧かない方は箇条書きだけでも大丈夫です。

ちなみに私はイメージ写真と箇条書きを合わせ、ブログに書き出していました。
自分の理想とするイメージを発信したことで、結果として商品についての情報が集まってきたのは嬉しい誤算でした。

服だけでもいいですが、帽子やアクセサリーや靴やバッグなども合わせて書くと、さらに理想が具体的になります。

■理想のワードローブリスト作りのコツ
理想のワードローブリスト作りのコツは、今持っている服のことはすっかり忘れて徹底的に理想を書き出すことです。
「こんな派手なの、今の仕事では着られない」「こういう素材が欲しいけど今の給料では買えない」なども気にせず、とことん理想を書き出しましょう。
場合によっては、着たい服を突き詰めることで、自分が理想とする生き方に気付けることもあります。

例えば私は「黒い上下のスーツは着たくない」という気持ちがあったことで、そういうスーツを着なければいけない仕事に誘われた時に「きっといつか心に無理がかかる」と判断することができました。
服って生き方と密接に関わっていますから、服の理想を突き詰めることで理想の生き方が見えてくるのだと思います。

最初はリストの理想と現実の差が大きくても、気にせずに。
リストを見ながら徐々に服を入れ替えていくことで、理想に近づいていきます。

実際にワードローブが整ってくると理想も変化していきますので、シーズンごとに作り直してみるのもおすすめです。

■それでも書き出しにつまづいたら
いきなりゼロから理想を考えるのはむずかしいという場合、今持っている服の「気に入っているところ」「気に入らないところ」を書き出してみると良いです。

例えば、こんな感じに。

・シフォンのスカート
気に入っているところ:裾が広がったシルエットで足が細く見える、 軽いので旅行の時便利
気に入らないところ:色が薄いからシミをつけてしまわないかと緊張する

こうして書き出していくうちに、「軽い素材が良い」「明るい色が好き」など自分が求める条件の傾向が見えてきます。

いくつかのヒントが見つかれば、書き出しやすくなるはずです。

■私が感じた効果
私が感じたわかりやすい効果は、大きく分けて2つあります。

効果1.ワードローブの断捨離
リストに書いていない服は徐々に手放していくことになります。

このリストの良いところは、手持ちの服ではなく、理想の服と見比べて「いる・いらない」を判断できるということです。

自分にとって10点満点中6点の服ばかりが並ぶ中に7点があったら「いる」と判断しそうですが、10点ばかりが並ぶ中に7点があったら「いらない」と思うのではないでしょうか。

理想と比較することで、より満足度の高い服だけが残っていきます。

効果2.時間の断捨離
私の場合、手に入れたい服の条件が具体的になったことで、買い物のスピードが早くなりました。

例えばこんな感じに。

・理想のシャツの条件
究極にシンプルな白
腕まくりで長さを調整できるように長袖
着ていてラクなストレッチ素材
アイロンなしでも着られる形状安定系
カーディガンを羽織っても着ぶくれしない細身シルエット

ここまで書き出しておくと、買い物しようとお店に入った時、まず白い長袖シャツだけに絞られます。
次に生地をさわり、ストレッチが効くかを調べます。
そしてタグや商品説明で「形状安定」「ノーアイロン」などの文字を探します。
最後に試着して自分の体型に合っているかを確認します。

お店に1000着の服が並んでいたとしても、その中で自分が本当に欲しいものだけに集中することができます。

リストを作る前は「あの紫のワンピースかわいい!こっちの青いカーディガンもステキだな。でも最近Tシャツがくたびれてきたから代わりのものも欲しいしな…」と、お店の中をウロウロし、結局何が一番良かったのかがわからなくなり、勢いで買って後悔することがよくありました。

リストがあることで迷いが減り、高いレベルでの服選びに集中できるようになります。

■お試しください、理想のワードローブリスト作り
理想のワードローブリストを書き出してみた方は、ぜひこの動画のコメント欄で教えてください。
書き出すことで頭の中が整理され、ご自分の理想と、今後の服選びの方向が見えてきます。

みなさんのワードローブがすっきりし、毎日服を着るのが楽しくなったり、ストレス無く選べたりするようになることを願っています。

今回は、理想のワードローブリストのすすめをお伝えしました。

ファッション編はラストひとつ。次回は
・服選びを助けるファッション診断
を配信予定です。

みなさんの服選びのお役に立ちますように。

▽この記事は動画でもご覧いただけます。

YouTubeカテゴリの最新記事