私は「今年買って良かったものベスト10【消耗品編】」でご紹介したように、常備茶として甘茶を飲んでいます。

でもこれを飲むとき、ちょっとめんどうと感じることがあります。
それはこれ!

甘茶お茶パック利用2m

茶葉をお茶パックに移すこと。

時間にすると、すべての工程をやったとしても1〜2分くらいなんですよ。
それでもめんどうに感じて、ときには「めんどうだからお水にしよー」と思ってやめてしまうことも。

手間数を数えてみたら、こんな感じ。
  1. 引き出し開ける
  2. お茶パックの袋と甘茶のパックを出す
  3. 袋からパック出す
  4. パックの口開く
  5. 甘茶の口開く
  6. 茶葉をパックに入れる

これをまとめてやっておくことにしました。

甘茶お茶パック利用1m

ありったけの甘茶をお茶パック(100均)に詰める、詰める。


甘茶お茶パック利用4m

甘茶を詰めたお茶パックを、甘茶が入っていたパックに戻します。


これで次からは工程が半分に!
  1. 引き出し開ける
  2. 甘茶を出す
  3. 袋からパックを取り出す
めんどうくさがりじゃない人は「大して変わらないじゃない」と思うかもしれませんが、私にとってはこの一手間で、「甘茶を飲む」というハードルが下がるのです。(^^ゞ


ちなみに甘茶の煮出しは、電気ケトルを使っています。

甘茶お茶パック利用5m



※正式な使い方ではないので、あくまでも自己責任です。



こまめにやったほうがめんどうじゃないこともあります。
例えば「水回りの清掃」なんかは、こまめに拭いたほうが、力を入れずにきれいになるのでラク。

「まとめてやる」「こまめにやる」

どちらが自分にとってラクかを見極められるのは、自分だけですね。