先日ツイッターやフェイスブックに、こんな投稿をしました。




お返事いただいたコメントをいただきながら、すごいこと(?)に気がつきました。

「普段こんなに褒められることって、ない!!」




大人になると褒められることが少ない

赤ちゃんって「寝返りした」「立った」「歩いた」など、ひとつできることが増えるたびに褒められます。
でも大人に近づくほど、人よりも秀でていないと褒められないようになり、大抵は大人になるとけなされたり叱られたりすることのほうが増えるのではないでしょうか。
(わたしだけ?)

そうしているうちに、自分の良いところをすっかり忘れ、できないことにばかり目が行くように…



自分の強みを人に聞く効果

やってみて思いました。



(もしもひとつもお返事がなかったら、それはそれでネタにしようかと思ってましたが(^^ゞ)


私の投稿に応えてくださったみなさん、ありがとうございました!
なんだか朝日のようなエネルギーをいただいた気持ちです。


世の中に必要とされる存在と感じられる

「褒めて」よりも、ずっと強力。
なにしろ「強み」って、誰かの役に立てることでもあるから。
しいては自分が世の中に必要とされる存在なんだ、と思うことにつながっていきます。


ちなみに私はたまに「こんな私でごめんなさい」とウジウジモードになるのですが、そういう人に特におすすめです。



意外な才能を発見できる

『能力』『才能』は当人に気づかれにくい特性を持つ


からなんじゃないかな??

鳥が簡単に空を飛んだり、魚が簡単に海を泳いだり、ネコが簡単にネズミを捕まえたり、人間が簡単にペンで字を書いて意思疎通するように。

当人にはあまりにも、子供の頃から慣れ親しんでる『日常』なので、その『能力』『才能』に気づけないんだと僕は思う。

多くの人間は人生の最期まで自分の『能力』『才能』に気づかないまま一生を終える。その理由を考えてみた! - A1理論はミニマリスト

ほんとそうだと思います。
人には難しいのに、自分には当たり前にできること。
それって自分では気がつきづらいのではないでしょうか。

だからこそ、誰かに聞いてみると大きな発見があります。



身近な人に聞いてみるのも良い

公の場に投稿するのに抵抗があるなら、身近な人に聞いてみるのも良いと思います。
(私は最初、家族に聞いてみました)

恥ずかしがって「思いつかない」なんて言われることもあるかもしれませんが…
そのときは、自分から先に相手の強みを挙げてみるのも良いと思います(^^)


▽身近な人に聞くのすら抵抗ある人は、こういう本を読んでみるのも手です。

(中古だとオンライン診断のアクセスコードが失われていることが多いようなので、診断したい場合は新品をおすすめします)


参考記事▶自分を知るための診断5選 : 魔法使いのシンプルライフ



ちなみに、うちの子3人に私の強みを聞いたところ、「自信がある」「ポジティブ」「意志が強い」と返ってきました。
すごい強い人そう!笑


2017年を豊かな日々にするために

5d6793a4235fcd1dfb50163bb30aeded_sm

自分の強みを知った上で、それを生かす夢や目標を掲げてみるのはいかがでしょうか。
きっと、可能性の広がりを感じると思います。




▽こちらもどうぞ!(お遊びツール)
名称未設定-1m