靴m


毎年のように更新している「理想のワードローブリスト」。
今回は、その靴バージョンを公開します。

▽過去のリスト
理想のワードローブリスト2017 : 魔法使いのシンプルライフ
理想のワードローブリスト2015 : 魔法使いのシンプルライフ



【表記テンプレート】形 / 色 / 季節や状況 / 実際の所持

理想のシューズリスト2017

  1. パンプス / 白 / 春夏 / ◯
  2. パンプス / 黒 / 春夏 / ×
  3. スニーカーorスリッポン / 白 / 春夏 / ◯
  4. スニーカーorスリッポン / 黒 / 春夏 / ◯
  5. ショートブーツ / 白 / 秋冬 / ◯
  6. ショートブーツ / 黒 / 秋冬 / ◯
  7. ロングブーツ / 黒 / 秋冬 / ◯
  8. 長靴 / ダークカラー / 雨や雪の日 / ◯
  9. らくちんサンダル / シルバー / 夏 / ×
  10. パンプス / 黒 / ブラックフォーマル / ◯
  11. 草履 / シルバーポップ / 和服 / ◯

ミニマリストとしてはずいぶんボリューミーなのではないでしょうか。
それもそのはず、今回は「これだけあればどんなコーディネートもできる」というリストにしました。

気に入った靴を見つけるよりも手放す頻度のほうが高いので、理想とは違って実際はリストより少なくなりがちです。


白と黒で引き算・足し算

ボトムスの色を統一するやり方をしていたときもあるのですが、最近は形を統一して色を白黒2パターンにしました。
すると、靴も両方あったほうがオシャレしやすいのですよね。

全体が重たくなったときの引き算には白を。
軽すぎる時の足し算には黒を。

この2色があれば、どうにでも調整できます。
さらに遊ぶなら、鮮やかカラーか柄物があると良さそう。


冬の和服にはブーツ

草履がありますが、これだと冬に和服を着るとき濡れてしまいます。
だけど雪駄(フードの付いた草履)の使用頻度を考えると、所持するのは気が引けるのですよね。
正装になると、どちらにしても屋内に入った時には草履に履き替えなければなりませんし。

なので、冬の和服にはブーツを履けば良いと割り切ることにしました。


ブラックフォーマルと兼用したかったけど

黒いパンプスはブラックフォーマルと兼用していたけれど、ヒールが高いポインテッドトゥが履きたい気持ちが生まれたので、別にしてみました。


自分の許容量を考える

私にとって11足を所持するのはだいぶ多いと感じます。
(一番少ないときで5足)

自分の最小限を追求するにあたり、「一度増やして絞り込む」ということを繰り返すのが私のスタイル。
今はまさに増やす時期なのでしょうね。

今後また、白か黒のどちらかに絞ったり、四季のない地域に住むことで必要なくなったりするのではないかと思っています。