トレンドアイテムを購入するときは、下記のようなゆるい基準を設けています。
  1. ワンシーズンで着倒すくらい活用できるか
  2. ワンシーズンで手放しても惜しくない価格か
  3. 自分に似合うか
「自分に似合うか」ですが、例えば今トレンドのサッシュベルトはこんな風に考えて取り入れました。


サッシュベルトを骨格診断で「似合わせる」

【私の基本情報】
骨格診断ナチュラルタイプが似合う条件
  • アシンメトリー
  • 重心が下にある物
  • 「かわいい」より「かっこいい」

まずこちらご覧ください。
今季よく見るリボンタイプのサッシュベルトは、私が似合う物の条件から見事に外れていました。


  • アシンメトリー→×左右対称!
  • 重心が下にある物→×高い位置でのウエストマーク!
  • 「かわいい」より「かっこいい」→リボンがかわいい!

ここから徐々に、「似合う」に寄せていきました。


▽左右どちらかに寄せて結ぶ、リボンではなく垂らす?




▽リボンではなくバックル付きにして、重さとかっこよさをプラス?




▽そうしてたどり着いたのがこちらのベルト。


  • アシンメトリー→◯バックルを片側に寄せるといい感じ!
  • 重心が下にある物→◯腰巻きしても垂れ下がるほどの長さ!
  • 「かわいい」より「かっこいい」→◯バックルと幅広さがかっこいい!

実際に合わせてみたところ

最近はグレーのシャツワンピースに合わせるのが気に入っています。

インスタ掲載cm


多分私がこの格好に細いリボンタイプのサッシュベルトをすると、浮足立ってる感じになったはず。
幅広で長く垂れ下がって重心を下げてくれるベルトだから、いい具合にまとまります。


重さ・軽さでバランスを取る

グレーより黒のほうが、重さを感じる色と言われています。
ベルトの色を黒ではなくグレーにしたのは正解でした。
デザインで重心を下げた分、色味を少し軽くしたことで、身長の低い私にちょうどいいバランスに。


腕時計は先日のブログでご紹介した32mm経のほうをつけています。
薄い素材のワンピースなので、36mm経だと腕時計の重さが目立ちすぎてしまうと思ったからです。
ベルトがダークブラウンも、ほどよく肌に馴染んでくれました。

ダニエルウェリントン腕時計2

この時計はシンプルなデザインなので、トレンド関係なく身につけられるアイテムですね。


【CM】
下記サイトから注文の際にクーポンコードを入力すると、15%OFFになります。

Daniel Wellington【公式】ダニエルウェリントン腕時計・店舗案内


クーポンコード:erisa17

※この有効期限は2017年6月30日までです。



トレンドアイテムとの付き合い方

「流行りなんて気にせず自分らしい格好をするんだ!」と反骨精神旺盛だったこともありますし、自分のスタイルを持つことを何より大切にしたいと思っています。


ただ、トレンドアイテムを活用するのもオシャレの醍醐味かな、と。



無地のシャツワンピースやシンプルデザインの腕時計のような「定番アイテム」と組み合わせながら、トレンドアイテムも楽しんでいきたいと思います。