実践しやすい私服の制服化

実践しやすい私服の制服化

実践しやすい私服の制服化

ミニマリストファッション編、前回は私のクローゼットの中をご覧いただきました。

今回はファッションを更に掘り下げ、ミニマリストの間でよく話題にのぼる「私服の制服化」についてお話したいと思います。

ゆるやかな私服の制服化

ミニマリストさんの中には、私服の制服化と聞いてアップル社のスティーブ・ジョブズ氏を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。どんなときも黒のタートルネックとブルーデニムという絶対的なワンパターンコーディネートを持つ生き方って、最高にクールです。

そういうスタイルにも憧れつつ、私はゆるやかな制服化として「私服の定番化」をしています。

トップスとボトムスはどれを組み合わせてもだいたい合うようにしながら、その中でも特に気に入った組み合わせを定番服としています。

着るものに悩みたくない時はそれを着用すれば良いし、気が向いたら違う組み合わせもできます。

例えばこちらのジャケットとワイドパンツはセットアップのように着られるので、ちょっとしたスーツが必要なシーンでの定番服。ジャケットの中はシャツ・カットソー・タートルネックのどれでも合います。

ファッションコーディネート自体を娯楽と感じていたり、オシャレをするのが好きな方がミニマリズムを取り入れるなら、制服化よりも定番化のほうが遊びがあって楽しいのではないでしょうか。

また、こうして上下どれでも組み合わせられるようにしておけば、気温や状況に合わせて対応しやすいです。

定番化のコツ

少ない枚数での定番化のコツは、トップスとボトムスの組み合わせやすさがカギ。

どう考えたらいいのかわからない方向けに、簡単にできる方法をひとつご紹介します。

【色固定】

1.トップスとボトムスの色を固定する

その中でも、トップスの色とボトムスの色を固定する方法はわかりやすいです。

例えばTシャツもブラウスもカットソーも白、スカートやデニムパンツはネイビーとすると、どの組み合わせもしやすいです。

変則的に羽織りはネイビーというような分け方をするのも良いのではないでしょうか。

2.ボトムスの色を固定する

例えばボトムスを黒だけで揃えたら、トップスは白やピンクやブルーなど、色で遊べます。

ボトムスよりもトップスを変えたほうが、座るシーンでも変化した感じがするので、毎日同じ服装をするのに抵抗がある人でも実行しやすいのではないでしょうか。

3.トップスの色を固定する

これもボトムスの色固定と同じく、例えばトップスを白だけにすれば、ボトムスで色選びを楽しめます。

白や黒のような無彩色だと、合わせやすさは一層上がります。

ただ個人的には「トップスもボトムスもいつでも赤」みたいな人も結構好きです。

ということで、トップスとボトムスを組み合わせやすい方法として、かなり単純な【色固定】をご紹介しました。

オシャレが好きな方は、もっと複雑な要素を組み合わせて揃えていったら良いと思います。

この定番服を持つという方法は、私服の制服化に憧れつつ尻込みしていた方でも試しやすいのではないでしょうか。

参考になったのなら嬉しいです。

ファッション編として 次回以降は

・服の断捨離を糧にする方法

・理想のワードローブリストのすすめ

・服選びを助けるファッション診断

を配信予定です。

https://www.youtube.com/watch?v=RvpupUinjIE&feature=youtu.be

YouTubeカテゴリの最新記事