歯列矯正を始めてから、1年半以上が経ちました。
左上の犬歯の隣を抜歯した隙間が埋まれば、終わりが見えてくるとのこと。

歯を4本抜きました。 : 魔法使いのシンプルライフ

この6mmの隙間が、なかなかしぶとい!
犬歯がしっかりと根を下ろしている証拠でしょうか。

他の隙間はスルスルっと動いて埋まったのに、ここだけ時間かかってます。
UNADJUSTEDNONRAW_thumb_3314
(舌側矯正なので、器具は見えていません)


ここまでの歯列矯正体験から、困ったこと・嬉しかったことをベスト5として発表したいと思います。
(以前も似たようなことは書いていますが、経過したことで変わったこともあるかも)
歯列矯正してよかったこと、つらかったこと : 魔法使いのシンプルライフ


困ったこと

1.しょっちゅう口内炎ができる

針金が細い初期なんかは、無いときがないんじゃないかというくらいできていました。
会話する時間が長い日の翌日なんかも、口の中が痛くなります。
少し舌っ足らずな話し方になっているのも、つらいところ。


2.舌回しエクササイズができない

やると口内炎ができるか、痛くて話しづらくなるので控えてました。
メディアに出たりしたとき、あごのラインがぼんやりした写真が残ったりしたのが悔やまれます。
丸顔に凹んで一念発起!顔の筋トレ・マッサージで効果のあったもの : 魔法使いのシンプルライフ


3.器具調整後3日位はまともに噛めない

1ヶ月半に1回くらい3日まともに食べられない日があるのはちょっと大変でした。
(噛むと痛い)
噛めないので消化もしづらいのか、胃が痛くなったりも。

でもここ2ヶ月くらいはだいぶラクになりました。
歯のデコボコが減ってきたから、1本1本にかかる負担が減ったのかもしれません。

歯列矯正中の人が食べやすいモノ・食べづらいモノ : 魔法使いのシンプルライフ


歯列矯正仲間のみどりさん、おふみさんも工夫してらっしゃるようです。
【歯列矯正】痛みが酷い時に食べるもの - よりどりみどり
矯正4日目。矯正器具を取り付けてすぐの最も痛い時でも食べられるもの。 - 虫歯になりやすい私が28歳から始める歯列矯正


4.歯ブラシの消耗が激しい

器具で傷むのか、1本2週間が限界です。

▽この辺を使ってます。


「歯ブラシごとに、よく磨ける部位が違う」と思っているので、たまに種類を変えるようにしています。

今年買って良かったものベスト10【消耗品編】 : 魔法使いのシンプルライフ


5.器具が外れて前歯がせり出してきた

一度だけそういうことがありました。
器具が外れたことにはまったく気づかず、歯が前に出てきたので変だとは思いつつ放置してました。
「歯を動かしていく過程のひとつなのかも!」なんて思ってしまい(^^ゞ
器具調整で歯科に行ったとき「外れてました」と言われて気がつきました。

それ以来、おかしいと思うことがあったら診てもらうようにしています。



嬉しかったこと

1.笑顔コンプレックスが解消

歯の問題だけではないのですが、口を開けて笑うことにコンプレックスを持っていました。
手で口を隠すクセ、いまだに少し残っています。

今も歯が一本だけ黄色っぽくて、それが気になってはいますが(^^ゞ
以前と比べると格段に、堂々と笑えるようになりました!


2.口が引っ込んだ

いわゆるEラインに近づいた感じです。

徐々に変わっていくのでイマイチ実感がなかったのですが、昔の横顔写真を見てみたら一目瞭然!

Eライン(E-line)とは、歯科医ロバート・リケッツが1954年に提唱した美の基準のひとつで、人間の横顔で鼻骨の先と顎骨の先を直線で結んだラインのこと。

Eライン - Wikipedia


3.口中のメンテナンスができる

1ヶ月半に1回くらいのペースで歯科に通うので、そのときに口の中の清掃をしてもらえます。
矯正が終わっても、定期的に歯医者さんに通ったほうがいいのだろうな、と思いました。


4.歯列矯正仲間と出会えた

矯正経験者の人と情報交換をしたりできるのは、実際やったからこそ。
インターネットを通しても、歯列矯正のことで交流が生まれることが何度もありました。


5.口の中の痛みに強くなった

以前は口内炎ができるとひどく不自由になった感じがしてましたが、日常茶飯事になったのでだいぶ慣れました。
もし矯正が終わって口内炎になっても「あのときに比べたら全然平気」と思えそうです。



以上、私が歯列矯正をして、困ったこと・嬉しかったことベスト5でした。